年金改革への抗議で、パリ市の交通ストライキ。

9月13日付リベラシオン紙「年金:政府が痛手を負うリスク」

明日9月13日(金)のパリのメトロやトラムのストは、1995年や2007年のストと同じくらい大規模になるといわれている。パリ交通公社の職員が年金改革への抗議として行うものだが、この後も、16日はパイロット、弁護士、看護師、19日はフランス電気、21日は労組FO、24日は国鉄と労組CGT、10月には警察なども抗議行動をするとしている。

年金改革は、公務員・会社員・自由業・商人・農業従事者ほか、種々の特別制度(公務員や国鉄職員等)など、現在、42ある年金制度を「普遍年金制度」として一本化する。また、保険料を払った四半期数で支給額を算定する現行制度に対し、働いた期間にためたポイントに応じて支給額を算出する「ポイント制」を導入。現行の公務員の年金計算は、最後の6ヵ月の給与をベースに、民間は最良の25年間の給与をベースに算定しているが、改革後は一律全就労期間のポイント計算となるため、公務・民間ともに多くの人に不利となることが予測される。

明日ストライキを行うパリ市交通公団のバスやメトロの運転手は、現行制度では「苦痛度」が高いとされ52歳でリタイアするが、2025年からは他の職種と同じく62歳になり、年金の支給される額は計算方法が変わると25%程度少なくなることが想定される。この職種による苦痛度で早期退職する軍人、警官、消防士、看守などは今後の労使との協議で詳細が決められる予定だ。

【運行状況】

●メトロ
通常運行(でも混むことが予想される)= 1号線、14号線
完全運休 = 2、3、4bis、5、 6、7、 10、 11、12、13号線
4号線= 3本に1本
7号線= 3本に1本
8号線= Créteil Pointe du Lac駅とReuilly-Diderot駅 の間のみ、3本に1本
9号線= Pont de Sèvres駅 とFranklin-Roosevelt駅の間と、Nation駅からMairie de Montreuil駅の間のみ、4本に1本
●バス
全線、ほぼ3本に1本運行
●トラム
T3BとT5 = 2本に1本程度
T1、T2、T3a、 T6、T7、T8 = 6h30-9h30/17h-20hのみ、3本に1本運行
●RER
RER A線 : 6h30-9h30/17h-20hのみ、3本に1本運行
RER B線 : 6h30-9h30/17h-20hのみ、5本に1本運行
Gare du Nord駅より北(シャルル・ド=ゴール空港など)はRATPではなくSNCF(フランス国鉄)管轄ですが、2本に1本程度の運行に。

 

パスワードをお忘れの場合、OVNINAVI.COMに登録したE-mailアドレスにパスワードをお送りします。登録E-mailアドレスを入力してください。


戻る