バルカニ市長、再び有罪

10/18

ルヴァロワ・ペレ市のパトリック・バルカニ市長とイザベル・バルカニ第一助役は脱税資金洗浄罪でそれぞれ禁固5年と4年の刑を言い渡された。夫妻は2007〜14年にアンティル諸島とモロッコの別荘など1300万€相当の資産を申告せず、別荘はパナマのダミー会社の所有と見せかけていた。モロッコの別荘はルヴァロワ・ペレ市の高層ビル建築計画参加への見返りにサウジアラビアの富豪から贈られたとの疑惑は、証拠不十分で市長の収賄罪は問われなかった。市長は9月に脱税罪で禁固4年を科され、収監されたまま。


 

パスワードをお忘れの場合、OVNINAVI.COMに登録したE-mailアドレスにパスワードをお送りします。登録E-mailアドレスを入力してください。


戻る