失業給付制度が厳格化

11/1
法改正を受けて新たな失業給付制度の実施が始まった。従来は過去28ヵ月間に4ヵ月働けば失業手当が支給されたが、新制度では24ヵ月間に6ヵ月働くことが条件。給付延長には6ヵ月働くことが必要(従来は1ヵ月)。

これで失業保険金庫は年間10億€節約できるが、不安定な職に就く人には不利との批判も。月給4500€以上だった失業者は給付額が段階的に減る(下限2560€)。転職計画が有効と認可された自主退職者にも失業手当を支給。年1万€以上の収入で倒産した場合のみ、自由業者にも月800€の失業手当を半年支給。


 

パスワードをお忘れの場合、OVNINAVI.COMに登録したE-mailアドレスにパスワードをお送りします。登録E-mailアドレスを入力してください。


戻る