Mary Cassatt 子どもを思う母の気持ちが伝わってくる

Petite fille dans un fauteuil bleu, vers 1877-1878, © Courtesy National Gallery of Art, Washington

7月23日(月)まで

 パリで活動したアメリカ人画家メアリー・カサット(1844-1926)は、子どもを抱く母親、舟遊びをする母子など、友人や家族をモデルにして描いた。カサットの作品からは、子どもを思う母の気持ちや子どもの感情が伝わる。ドガのアドバイスを受けて描いた大胆な構図の名作「青いソファーに座る少女」もある。


Musée Jacquemart André

Adresse : 158 bd Haussmann, 75008 Paris
アクセス : M°Miromesnil/Saint-Philippe du Roule
10h-18h(月曜20h30閉館)無休