現代能『マリー・アントワネット』パリ公演

バラの精とともに現れるマリー・アントワネット。2017年12月、国立能楽堂での初演から。撮影:前島吉裕 Yoshihiro MAEJIMA

『~薔薇に魅せられた王妃~ マリー・アントワネット』Marie-Antoinette – Reine fascinée par les roses –

『~薔薇に魅せられた王妃~ マリー・アントワネット』が、パリのオペラ・コミック国立劇場で上演される。観世流能楽師の人間国宝、梅若実玄祥が主人公マリー・アントワネットを演じ、脚本は植田紳爾(しんじ)。植田は、宝塚歌劇の超ロングラン大ヒット作品『ベルサイユのばら』の脚本と、初演からの演出を手がけてきた劇作家だ。演出は、梅若実玄祥と植田紳爾、ふたりが担う。ふたりの共作には、国立能楽堂委嘱作品の新作能『紅天女』(原作・美内すずえ「ガラスの仮面」より、脚本・植田紳爾。2006年初演)がある。

 

〈現代能『マリー=アントワネット』パリ公演 特別ご招待券プレゼント応募の詳細はページ下部に〉

 

撮影:前島吉裕 Yoshihiro MAEJIMA

前場は、廃墟と化した宮殿が舞台。王妃マリー・アントワネットが生前恋仲にあったフェルゼン伯爵が宮殿を訪れ、王妃に思いを馳せていると、薔薇の香りとともにマリー・アントワネットの霊が現れる。霊は、花のごとくはかなく散った自らの人生を悔い、涙を流す。

後場は、王妃がフランス王室に嫁いでから革命が勃発し、王座を追われて断頭台の露と消えるまでの半生を追う。霊や精などの主人公(シテ)が前場で登場し、後場では、その在りし日の姿で現れるという能の「夢幻能」の様式を踏む。梅若実玄祥も植田紳爾も、フランスの歴史を題材にとったこの演目を、日本での初演当初からフランスで上演したいと願っていたのがかなうこととなった。

オペラ・コミック劇場は1714年、ルイ14世統治下に作られた歴史ある歌劇場。1783年、今の場所に移転した際に、杮おとしでグレトリーの作品が上演された日はマリー・アントワネットも観劇した。オペラ・コミックの「コミック」は「笑い」の意味ではなく、全セリフが歌われるオペラと異なり、言うセリフと歌われるセリフが混ざった形式の歌劇をこう呼ぶことから。

一夜のみの公演。お見逃しなく。


 

*プレゼントのお知らせ*

現代能『マリー=アントワネット』パリ公演 特別ご招待券を2組4名様にプレゼント。お名前ご住所を明記のうえ、ご応募下さい。

【応募締切】2019年9月22日(日)23:59

現代能『マリー=アントワネット』パリ公演 特別ご招待券に応募する

 

Marie-Antoinette
– Reine fascinée par les roses –

『~薔薇に魅せられた王妃~ マリー・アントワネット』

公演日:2019年10月8日(火)20時開演
会場:Théâtre national de l’Opéra-Comique オペラ・コミック国立劇場
脚本:植田 紳爾
演出:植田 紳爾、梅若 実 玄祥
出演:梅若 実 玄祥(人間国宝)、福王 和幸、北翔 海莉 ほか

15〜40€、Carré d’Or席 90€
www.opera-comique.com/fr/saisons/theatre-no-creation-marie-antoinette


Théâtre national de l'Opéra-Comique

Adresse : Place Boieldieu, 75002 Paris , France
アクセス : M° Richelieu-Drouot / Quatre-Septembre
URL : www.opera-comique.com

 

パスワードをお忘れの場合、OVNINAVI.COMに登録したE-mailアドレスにパスワードをお送りします。登録E-mailアドレスを入力してください。


戻る