パリ・コミューヌ150周年のマレ歴史散策。

3月18日(木)
Commémoration du début de la Commune – Parcours de la Bastille à l’Hôtel de Ville


 1871年、世界初の労働社階級による自治政府「パリ・コミューヌ」が発足しました。その樹立からちょうど150周年となる3/18、「コミューヌ友の会」が、マレ地区から市庁舎広場までのガイド付き散策を行います。

14h15 バスティーユ広場集合(bd Beaumarchaisとbd Richard Lenoirの角)
サン・タントワーヌ通り、ヴォージュ広場、フランソワ・ミロン通り、サン・ジェルヴェなどに立ち寄りながら、150年前の出来事が語られます。
16h頃 パリ市庁舎広場で終了。

予約不要、無料。
衛生規制により変更がないか前日にサイトで確認を。
https://www.commune1871.org

1870年、普仏戦争でナポレオン3世が失墜、共和制が宣言されてからコミューヌ内戦が起こり、武力で鎮圧されるまでをたどる全3回連載『歴史の踊り場に〜150年の時空を超えて〜』〈上〉も合わせてお読みください。


 

パスワードをお忘れの場合、OVNINAVI.COMに登録したE-mailアドレスにパスワードをお送りします。登録E-mailアドレスを入力してください。


戻る