展覧会

「まやかしの希望」アースラ・バーク展。

10月27日(日)まで バークは「西欧社会における権力の濫用」を陶芸、デッサン、刺繍、彫刻で表現。「預言者」は球形の白い毛糸にくるまったガラスの瞳の頭。頭上に柱があり、これ以上、上に行くことができない。「政治家たち」は世界中の国会での騒動の写真を刺繍した作品。装飾的とされる刺繍で政治を扱い意外性のある作品に。...

モンドリアンの具象画 – Mondrian figuratif

最初から抽象を描くアーティストは少なく、具象から抽象に行く人が多い。幾何学的抽象で知られるピエト・モンドリアン(1872−1944)は、最後は抽象だけになるのだが、抽象と同時に具象も描いていた時期があった。それを証明するような展覧会だ。モンドリアンの人生を変えたパトロン、サロモン・シュライパーとの交流を軸に、シュライパーが所蔵していた作品を展示している。...

Palézieux (1919−2012)

12月15日(日)まで スイスでしか知られていなかった画家パレジューは2000年、アムステルダムの「レンブラントの家」で紹介された。その際に感銘を受けたクストディア財団館長がパリで開催する展覧会。フィレンツエで学び、スイスで暮らした画家は、古い紙に静物や風景を繊細に描く。作品は「静かな音楽」と評されることも。月休、10€/7€。...

Léonard de Vinci

今予約! ルーヴル美術館で今月24日に始まるダヴィンチ展(2020年2/24まで)。混雑が予想されるため全予約制。フランソワ1世がダヴィンチをフランスに招く前からルイ12世も彼の作品を購入していたとされ、ルーヴルはダヴィンチ絵画作品全体の3分の1を所蔵。 https://www.ticketlouvre...

絵本とBD巨匠、ロレンツォ・マトッティ原画展。

Mattotti - La fameuse invasion des ours- 10月25日(金)まで ディーノ・ブッツァーティの童話『シチリアを征服したクマ王国の物語』をBD・絵本作家、イラストレーターのロレンツォ・マトッティがアニメ化し、10月9日に公開されるのを機に、原画50点を展示。入場無料。...

Yann Arthus-Bertrand -“Legacy後世への遺産”

ニコラ・ユロの例を出すまでもなく、世界中の自然と人の営みを撮っているとエコロジストにならずにはいられない。マングローブが作るハートの形を撮った航空写真で有名なヤン・アルテュス=ベルトランもそのひとり。「グッドプラネット財団」を作り、炭素排出を減らすために植林や再生エネルギーを支援している。8月にアマゾン森林火災に対してLVMHが1千万ユーロの支援金を申し出た裏には、彼の働きかけがあった。...

Savignac et le don de La Vasselais

9月22日(日)まで サヴィニャックが1964年から74年の間、出版者ギ・ド=ラ=ヴァスレの注文に応じて描いたポスター展。未発表の下絵なども。ラ=ヴァスレ家からの寄贈品を中心に。入場無料。...
 

パスワードをお忘れの場合、OVNINAVI.COMに登録したE-mailアドレスにパスワードをお送りします。登録E-mailアドレスを入力してください。


戻る