よむたび。〈7〉ヨーロッパ〜アフリカ〜カリブ海

『 ブリッジタワーのためのソナタ 』(仮題) La Sonate à Bridgetower 著 エマニュエル・ドンガラ / Actes Sud 社  

よむたび。〈6〉ヨーロッパ〜アフリカ〜カリブ海

『 雷雨にさらされて(仮題) 』L’oragé 著 ドゥナ・ルー / Mercure de France社   マダガスカル、ふたりの詩人。 「エステール、君はマダガスカル語の詩について語ることがで […]

よむたび。〈5〉ヨーロッパ〜アフリカ〜カリブ海

『一つの大洋、二つの海、三つの大陸 (仮題)』 著 ウィルフリード・ンソンデ/ACTES SUD社   バチカン、アフリカ初の大使。  それにしても、なんという人生だろう…。これは「バチカンにおけるアフリカ初の […]

よむたび。〈4〉
ヨーロッパ〜アフリカ〜カリブ海

『 世界は私の言葉である 』 著  アラン・マバンクー Grasset社/Points社から文庫   旅から生まれたエッセイ。  今回は小説でなくエッセイを紹介。小説家で詩人のアラン・マバンクーは、2016年に […]

よむたび。〈3〉
ヨーロッパ〜アフリカ〜カリブ海

『 アカシアの賛美歌』 著  コスィ・エフウィ Seuil 社 抗う女性たち。  コスィ・エフウィの5作目となる小説は、家父長制社会の中で、もがきながら生きる女性たちの人生を親子三代にわたって辿っている。予言者であり歴史 […]

よむたび。〈2〉
ヨーロッパ〜アフリカ〜カリブ海

  『影の消えるまで』 著 ルイ=フィリップ・ダランベール/Sabine Wespieser 社   ハイチとユダヤ人。  1937年、ハイチ共和国は、ナチズムが席巻するヨーロッパから逃れて来たユダヤの人々に無 […]

よむたび。
ヨーロッパ〜アフリカ〜カリブ海 〈1〉

『イヴァンとイヴァナの途方もない、哀れな運命』 著 マリーズ・コンデ/JC Lattès社   2015年1月8日、ある女性警官の死。  齢80歳を迎えた今年、仏領海外県グアドループ出身の作家マリーズ・コンデは […]

Stephane Hessel 『Indignez-vous!』が超ベストセラーに。

 昨年10月22日に出版されたステファン・エッセル著『Indignez-vous!  怒りなさい』が100万部を超える売れ行き。本文20ページ足らずの小冊子(3€)で、昨年ゴンクール賞を受賞したミシェル・ウエルベックの『 […]

マンシェットとタルディとの出会い

●Manchette-Tardi “La Position du tireur couché” アメリカのハードボイルド小説の影響を受けながらフランスで生まれたロマン・ノワール。ジャ […]

ロバート・クラム 旧約聖書の『創世記』

●Robert Crumb “La Genèse” 『フリッツ・ザ・キャット』や『ミスター・ナチュラル』の生みの親、ジョプリンの『チープスリル』のジャケットでも知られるロバート・クラ […]

他を寄せつけない政治風刺漫画

Les Requins Marteaux発行。7.5€。 ●Willem “Casse toi pauvre con!” しばらく前に、ヴィレムの反骨精神溢れるナンセンスBD『C&oel […]

HOMMAGE A MARCEL GIUGLARIS — 故マルセル・ジュグラリスさんに捧ぐ

「心は日本人」  マルセル・ジュグラリスさんの数多い思い出の中でまっさきに思い出すのは1973年1月にベトナム和平協定が調印される直前に、まだサイゴンといっていた町の外人記者用のプレスセンターがあったコンチネンタル・ホテ […]