「コルシカ、愛の島」バルバラ・カルロッティ

Barbara Carlotti “ Corse Ile d’Amour ”

 ロックダウンで気がめいっている友人へのノエルのプレゼントは、バルバラ・カルロッティの新アルバム『コルシカ、愛の島』で決まり。

 バルバラ・カルロッティは今年46歳の中堅シャンソン歌手で、フィリップ・カトリーヌとのプロモ・ビデオ*『Mon Dieu, Mon Amour』(2012)以来、くつろいでいて、しなやかな柔らかな声に魅せられ、気になっている歌手だ。今回は、父親がコルシカ出身だけあって、子ども時代から聞きなれてきた、コルシカ民謡やコルシカ出身のティノ・ロッシなどの歌が収められている。

たとえば、60年代に大ヒットしたレジーナ・エ・ブルーノの『Solenzara』は、波の音からはじまり、コルシカ語で「毎晩のようにソレンツァラの浜辺で踊っていた」と歌われていく名曲だ。セミの鳴き声などもきかれ、太陽の光が肌に感じられるようなアルバムになっている。次のバカンスはコルシカにしようかな、などと心が弾んでくる。(真)Elektra / 15€ 前後。


 

パスワードをお忘れの場合、OVNINAVI.COMに登録したE-mailアドレスにパスワードをお送りします。登録E-mailアドレスを入力してください。


戻る