フランシス・ベーコンと書物 Bacon en toutes lettres

francis bacon Triptych, 1970 huile sur toile
chaque panneau : 198 × 147,5 cm
national Gallery of australia, canberra
© the estate of Francis bacon /all rights reserved / adagp, paris and dacs, london 2019 © the estate of Francis bacon. all rights reserved. dacs/artimage 2019. photo: hugo maertens

20世紀の大物画家、フランシス・ベーコン(1909-92)の、1971年のパリ展覧会から没するまでの60点を主に集めた。1971年の展覧会の直前に滞在先のパリのホテルで亡くなった恋人、ジョージ・ダイアーへの思いを描いた作品が最初に出てくる。ダイアーは、夜間ベーコン宅に忍び込み盗みをはたらこうとしたが、床に落ちてベーコンに発見された。「自分のベッドに入るか、監獄に入るか」と迫られ、前者を選び、そのまま伴侶になった男性だ。彼の死は1971年以降の作品の変化に大きな影響を与えた。本展はベーコンの愛読書の中から6作家を選び、各自の1冊を作品と付き合わせて展示している。ダイアーの肖像はここでも顔を出す。本はギリシャ悲劇のアイスキュロスに始まり、ニーチェ、ジョルジュ・バタイユまで。絵に面した小部屋で俳優の朗読を聞いてから見るといい。作品説明はあえて付けていない。見る側にはかなりの想像力と教養が要求されそうだ。(羽)

ポンピドゥ・センター : 2020年1月20日(月)まで。


Centre Pompidou

Adresse : Place Georges-Pompidou, 75004 Paris , France
URL : www.centrepompidou.fr

 

パスワードをお忘れの場合、OVNINAVI.COMに登録したE-mailアドレスにパスワードをお送りします。登録E-mailアドレスを入力してください。


戻る