南フランスの夏やすみ。〈その2 建築・現代アート・美食のユートピア〉


シャトー・ラコスト Château La Coste

ルイーズ・ブルジョアの作品 「Crouching Spider」(2003)

 エクサン・プロヴァンスから北へ約15キロ、ル・ピュイ=サント=レパラードに広がる、自然・ワイン・美食・現代アートが融合した理想郷、シャトー・ラ・コスト。ここには、ジャン・ヌーヴェル、フランク・ゲーリー、レンゾ・ピアノ、ルイーズ・ブルジョワ、ジャン=ミシェル・オトニエルなど、名だたる建築家や現代美術家の作品が南仏の美しい自然の中に散りばめられている。

 ドメーヌの入り口で我々を迎えてくれるゲートと、レセプションやカフェなどがある建物は、安藤忠雄の作品。ルイーズ・ブルジョワ、アレクサンダー・カルダー、杉本博司の作品が設置されている。ここで地図をもらって散策に出かけよう。爽やかな風に誘われてめぐる小道には、珠玉のアート作品が点在する。ぐるっとひとまわり、2時間ほどの素敵な散策。敷地内で一般に公開されているのは現在36の作品。

安藤忠雄の作品「Centre d’art」(2007-2011)。

 プロジェクトは現在も進行中で、さらなる作品の制作が行われている。アートと自然を満喫したら、ワインショップに隣接するテラスカフェで、ジャン・ヌーヴェル設計の醸造所で造られたワインを。敷地内には造園家のルイ・ベネシュの手がけた菜園があり、カフェやレストランで供される野菜が作られている。

 予約を取って訪れたいのは、フランシス・マルマンのレストラン。薪を使ったグリル料理で有名なアルゼンチン出身のスターシェフによる絶品料理が体験できる。こんな理想郷からはもう帰りたくない、と思うのはごもっとも。スパやプールもあるヴィラでの滞在も用意されている。(高)

トム・シャノンの作品 「DROP」(2009) 
フランク・ゲーリーの作品 「PAVILLON DE MUSIQUE」(2008)

INFORMATIONS

Château la Coste
2750 Route de la Cride 13610 Le Puy Ste Réparade
www.chateau-la-coste.com

——————————————————————————————————————–
ちょっと足を延ばすなら、やっぱりツアーが便利で安心
AEVAツアーズ(旅)
Com O’ Japon(旅)
Ecrins de France(旅)
HIS(旅)
L’Amitié Voyage(旅)
My Côte d’Azur Tours(旅)
——————————————————————————————————————–


 

パスワードをお忘れの場合、OVNINAVI.COMに登録したE-mailアドレスにパスワードをお送りします。登録E-mailアドレスを入力してください。


戻る