新たな労働相に37歳の女性起用

9/2

ディジョン市長就任のため辞任したフランソワ・レブザマン労働相の後任にミリアム・エルコムリ都市政策担当相(37)が起用された。都市政策はカネール都市 ・ 若者・スポーツ相がカバーする。社会党寄りのEELVや左翼戦線メンバーの入閣が取り沙汰されたが、今回は見送られた。閣僚経験の浅いエルコムリ氏の任命は大抜擢。労働分野の専門家ではないが、コミュニケーション能力が評価された模様。労働条件規制の緩和など難題が山積しており、手腕が期待される。


 

パスワードをお忘れの場合、OVNINAVI.COMに登録したE-mailアドレスにパスワードをお送りします。登録E-mailアドレスを入力してください。


戻る