フランスの日本関係アート情報:9月15日号

■熊谷 榧〈個展〉
熊谷 榧 (かや) (1929-) は画家・熊谷守一の次女。20 代から山に魅せられ、すでに60 年代に欧州の雪山を滑る。主に山をテーマにした油彩作品。9 月20 日迄。
Galerie Yoshii : 8 av. Matignon 8e
■写真3 人展〈Jamais aussi proche〉
原発と隣り合う故郷と向き合う山下隆博。心の病をもち限られた生の痕跡を刻む幸田大地。父の死を機に知らなかった過去を辿る木村肇。
「近いけどわからない」被写体と対峙する。9 月18 日〜28 日 (12h-20h) ヴェルニサージュ18 日16h-21h。27 日17hからディスカッションイベント。
Art Bridge Contemporary : 29 rue de Trévise 9e
■ショートフィルムフェスティバル(Bègles)
仏・英・イスラエル・独・米他、計11 カ国、日本からはNHK のイメージキャラクターでお馴染みのドーモクンの生みの親、合田経郎の短編『By Your Side』が出品。上映日:9月25 日19h、26 日21h、27 日19h。入場料 7€/6€/4.5€/4€。
Barrière de Bégles : 151 bd Albert 1er, Bègles
www.cinemalefestival.fr
■『松風』(ポリクロニー)
14 世紀世阿弥作『松風』は、3 年間、島に流されていた在原行平中納言が愛した二人の海女、松風、村雨が霊となって狂おしく舞う。イル・ド・フランス・フェスティバルのプログラムの一つとして『夢』と題する、アンサンブル・ポリクロニーによる創作。演出:笈田ヨシ (68 年ピーター・ブルック演出の『テンペスト』に出演)、振付:伊藤郁女、乙女文楽師:吉田光華、バリトン歌手:ドミニク・ヴィス。
10 月3 日20h、4 日20h。15€/20€。
パリ日本文化会館(01.4437.9595)
■鮫島有美子〈ソプラノ・リサイタル〉
エスパス・ハットリのコンサートシリーズの第1 回目は鮫島有美子公演ソプラノ・リサイタル。〈日本歌曲のあゆみ〉と題し、明治から昭和まで日本人の心に刻まれた名唱歌の公演。10 月8 日19h30。入場料 15€/12€/10€ (会員)。予約06.7208.9870
Espace Hattori : 10 passage Turquetil 11e
■仲山瑛子〈いのち〉
1945 年、岐阜市生まれ。怒濤のごとく飛び散る赤と黒の激しいぶつかり合い。『岐路』『愛の形』『真実』など強烈な作品を展示。9 月30 日〜10 月11 日。天理日仏文化協会 : 8-12 rue Bertin Poirée 1er

■川端康成と「日本の美」
欧州初の〈川端康成〉展。「伝統とモダニズム」と題し著名作品の手描き原稿や川端コレクションから絵画・彫刻・写真他。9 月16 日〜10 月31 日。無料。
パリ日本文化会館 (12h-19h 日月休)

Japoscope