langres

 ラングルはウォッシュタイプの牛乳チーズで、シャンパーニュ地方のラングル高原で作られている。直径7センチ、高さ5センチほどの小型のチーズで、表面
はオレンジ色に近く真ん中がくぼんでいるので、すぐに見分けられる。湿ったカーヴで3カ月ほどかかって熟成されるのだが、真ん中のくぼみは、その熟成中に
自然にできたものだ。
 匂いは鼻につくほどにかなりきついけれど、そのキメの細かい、明るいクリーム色の身は、見かけとは違って舌にまとわりつくような優しい味だ。
 選ぶ時には、アンモニア臭があったり、皮にひびが入っていたり、身が固くなって灰色がかっているものは避けたい。食べごろのラングルを薄く切って田舎パンにのせ、オーブンのグリルで焼くとうまい!
 ワインは、ブルゴーニュやジゴンダスのようなコット・デュ・ローヌのこくのある赤ワインがほしい。(真)