Casa della pasta おいしいラビオリも持ち帰れる。

 イタリアン惣菜屋兼レストラン”Casa della pasta” はパリに4店ある。私が試したのはRambuteau通りの店。通りかかるたびに、美しく並んだ持ち帰り用のイタリア食品が気になっていた。レストランコーナーは20席あまりのこじんまりした雰囲気で、小さなカウンターでは今夜の惣菜を決めながらカプチーノやヴィーノも飲める。
 まずはワンパターンで、アンティパスト”Farandola di legumi griglati”。野菜の盛り合わせだが、ニンニクが効き過ぎず、焼き小タマネギがおいしい。メインはやはり店御自慢のパスタに挑戦。”Linguine alla genovose” は、割と細いパスタにバジリコ、松の実と、ゴリッと削った舌みたいに大きくて厚いパルメザン。味はさっぱりしていて深みがある。松の実のニガ味と甘味、パルメザンの薄い塩っからさがミックスして見事。”Penne alla siciliana” は御存じのようにペンネパスタのナス、ズッキーニ、ピーマン、トマトソース。パスタがアルデンテに茹であがり、ん~さっぱりしてる。デザートはやはりティラミス。軽い!おいしい! これでワインを飲んで一人150F前後。
 ウインドーのお持ち帰り用ラビオリは黒オリーヴ、きのこ、ゴルゴンゾラ、ほうれん草、ニンジン、バジリコ…と常時10種類程が並んでいる。(120F/Kg) これから、パーティーの多くなる季節、これらのカラフルで形のおもしろいラビオリは手軽で重宝される。パルメザンの固まりをドンと買って、各自チーズおろしで削るのも悪くない。(麦)
13/14 rue Rambuteau 4e 01.4272.3872