夏休みに見たい3本の映画。 Les Amants Criminels ほか

 さあバカンスだ! パリ残留組には、『私を連れてって/ Emporte-moi』を推薦。カナダの女性監督、レア・プールの思春期もの。自身を振り返ってみても、13歳の年は特別だったと思う。女の一生(!) における、子供から大人への過渡期真っただ中。13歳ものの傑作としては、シャルロット・ゲンズブールがあまりにも眩しかったクロード・ミレールの『なまいきシャルロット』を挙げたいが、本作のヒロインに彼女の面影を見た。父母の人生に対する葛藤の狭間で自分の場所を探すハンナは、ゴダールの『女と男がいる舗道』を観て、アンナ・カリーナに恋をし映画に目覚める…。
 イチオシは、8/18日公開の『犯罪的カップル/ Les Amants Criminels』だ。なにせ、フランソワ・オゾンの新作だからナミの映画であるはずがない。邪心に満ちた若いアリス(ナターシャ・レニエ) に翻弄されて、まだウブなリュック(ジェレミー・レニエ) は殺人を犯す。逃亡するカップル。森に迷い込んだ二人の行く手には…。盛り沢山の要素が変幻自在に登場するが、リュックの成長のドラマという側面も。かのダルデンヌ兄弟『イゴールの約束』でデビューしたJ・レニエの成長に注目!
 もう一本、8/18日公開の『人生なんか怖くない/ La vie ne me fait pas peur』は、女の子4人の10年余りにわたる友情を描く。多感な時期を、時代の空気 (70~80年代) を胸いっぱいに吸いながらいっしょに過ごした4人の、共犯的な青春の日々、そして成長と挫折…。う~ん、何かこういう青春ドラマって久しぶりだが、監督のノエミ・ルヴォウスキーは、女性版アルノー・デペルシャンと言えるかも。
 3本に、監督の自叙伝的要素 (すごく変形的なオゾンも含め) を感じる。(吉)


野外の名作映画祭。

Films en plein air a La Villette

3/8 Seuls les Anges ont des Ailes (39) – H.Hawks
  「コンドル」H・ホークス
4/8 Shop around the Corner (40) – Ernst Lubitsch
  「街角」E・ルビッチ
5/8 La maison du Dr Edwards (45) – A.Hitchcock
  「白い恐怖」A・ヒッチコック
6/8 Gilbert Grape (93) – Lasse Halstrome
  「ギルバート・グレイプ」ハルストローム
7/8 Amere vicoire (57) – Nicholas Ray
  「にがい勝利」N・レイ
8/8 L’Aurore (27) – F.W. Murnau
  「サンライズ」 F・W・ムルナウ
10/8 Eclipse (84) – Richard Donner
「レディホーク」R・ドナー
11/8 Manhattan (79) – Woody Allen
  「マンハッタン」W・アレン
12/8 Vera Cruz (54) – Robert Aldrich
「ヴェラクルス」R・アルドリッチ
13/8 Qu’est- ce Maman comprend a l’Amour (58)
– Vincente Minnelli
「恋の手ほどき」V・ミネリ
14/8 Blue Velvet (86) – David Lynch
  「ブルーベルベット」D・リンチ
15/8 Le meurtre d’un Bookmaker chinois (76) –
John Cassavetes
  「チャイニーズブッキーを殺した男」
J・カサベテス
17/8 The Immortal Story (66) – Orson Welles
  「オーソン・ウェルズのフォルスタッフ」
O・ウェルズ
18/8 Hiroshima mon amour (58) – Alain Resnais
  「二十四時間の情事」A・レネ
19/8 Moby Dick (56) – John Huston
  「白鯨」J・ヒューストン
20/8 Le Carosse d’Or (52) – Jean Renoir
  「黄金の馬車」J・ルノワール
21/8 Route one / USA (90) – Robert Kramer
  「ルート・ワン」R・クレイマー
22/8 Frontiere chinoise (65) – John Ford
  「荒野の女たち」J・フォード
24/8 Les Affranchis (90) – Martin Scorsese
  「グッドフェローズ」M・スコセッシ
25/8 Dillinger est mort (66) – Marco Ferreri
(日本未公開) M・フェレーリ
26/8 Bronco Billy (80) – Clint Eastwood
  「ブランコビリー」 C・イーストウッド
27/8 My Darling Clementine (46) – John Ford
「荒野の決闘」J・フォード
28/8 Short Cuts (92) – Robert Altman
「ショートカット」R・アルトマン
29/8 Au fil du temps (75) – Wim Wenders
「まわり道」W・ヴェンダ−ズ*8月29日まで毎晩10時より(月休)。無料。
(レンタルのデッキチェア : 40F) 
*Parc de La Villette (Prairie du Triangle) :
Du mardi au dimanche a 22h.
Metro : Corentin – Corriou


 

パスワードをお忘れの場合、OVNINAVI.COMに登録したE-mailアドレスにパスワードをお送りします。登録E-mailアドレスを入力してください。


戻る