AU PIED DE FOUET –家庭的雰囲気のビストロ世代交代に成功したお店。

 1793年に開店したという、これこそ正真正銘のビストロです。50年以上変わっていない店内、赤の格子模様のテーブルクロス、常連が自分専用のナプキンを入れておく小さな引き出し…料理もビストロならではの定番が並びます。
 たとえば前菜 (15~20F) は、おろしたニンジンのサラダ、レンズ豆のサラダ、油漬けのニシンとジャガイモといった具合。きょうはカモの砂肝入りサラダにしました。砂肝の柔らかさにはビックリ。 
 メイン (45~60F) は、バヴェットのステーキ、トリのレバーのソテー、ローストポーク、それに日によっては、ラスカス (カサゴの類) のプロヴァンス風などの中から自家製カモのコンフィにしました。真面目さがすみずみまで感じられる一品で、つけ合わせのカリッとしたジャガイモのソテーまで本当においしかった。
 デザート (15F) には、温かいタルト・タタン。表面がしっかりとカラメルになっています。
 さらに食べる喜びを倍にしてくれるのが、ご主人のノルベールさんが選んだ数々のワイン。一本60~90F という値段だから安心して飲めます。グラスワインで何種類か試すのも悪くないでしょう。きょう、いつもはニコニコと迎えてくれるノルベールさんの姿が見えないのは、試飲の度がすぎたためとか。とにかく心がこもっているのです。夜の方がノンビリと食べられます。 (ミュリエル)

*Au pied de fouet : 45 rue de Babylone 7e
01.4705.1227  土曜夜と日曜休み

Pas cher
● O’NEIL
 陽もすっかり長くなったこの季節、一日の終わりにビールを一杯、なんてたまりません。ここO’NEILは自家製ビールをその場で味わせてくれる店。店内のタンクでモルトから精製、発酵、熟成まで。週に2度新しいビールが取り出されます。
 本店はストラスブールだけに、おつまみにはアルザス名物「flammenkueche」。今回は「la gratin仔」(オニオン、ベーコン、チーズ入り、40F )と「sp残ial O’neil」(45F)というトマト、シャンピニオン、ピーマン、チーズに少し辛みの効いたトッピングを注文。直径30cmはある丸い木べらに乗って出て来たそれは、超極薄のピザのよう。2人で半分こしながら、ついビールをもう一杯。2人で154Fでした。21時までならビールが5F~10F割安で飲めます。 (紀)*20 rue des Canettes 6e 01.4633.3666