ブザンソン:美術館を訪ねる旅。

この建物の2階でユゴーは生まれた。下の薬屋は市が買い取って博物館の一部にした。ユゴー生誕当時の様子がガラス越しに外から見られる。 ©JC Sexe / Ville de Besançon.

Maison natale de Victor Hugo

ヴィクトル・ユゴーの志を今日に伝える。

ユゴーは1802年2月26日にこの建物の2階で生まれた。下階は薬屋だった。軍人の父と引っ越したため、ここには6週間しか住まなかった。パリやユゴーが亡命生活を送った英仏海峡にあるガーンジー島に「ユゴーの家」があるので、ここは絵画などの作品は置かず、もっぱらユゴーの社会的な面に光を当てた。ユゴーは死刑制度廃止を訴え、貧困との闘い、子どもの権利、表現の自由、文化財の保護を主張した。ユニセフ、アムネスティなど、それぞれのテーマで活動するNGOや国際機関の協力を得て、ユゴーのテーマを現代に結び付け、その闘いが今も続いていることを見せている。1月27日までは文化財保護をテーマにした特別展を開催している。

 

1 2 3 4 5 6 7

 

パスワードをお忘れの場合、OVNINAVI.COMに登録したE-mailアドレスにパスワードをお送りします。登録E-mailアドレスを入力してください。


戻る