コロナ : マクロン大統領、規制緩和の日程。商店、文化施設など再開、ほか。

今朝の地方紙は、マクロン大統領の「規制緩和」インタビューを一面に。


 マクロン大統領が、今後の規制緩和に関しての日程を地方紙を通じて発表した。4段階、3週間ごとにコロナ感染の状況と照らし合わせながら段階的に規制を解除していく。

第1段階 5月3日(月)
・日中の外出には証明書が不要となる(夜間外出禁止はそのまま)。
・他地方への移動可能に。
・テレワーク継続を推奨。
・商店は休業のまま。

第2段階 5月19日(水)
・夜間外出禁止が、21h – 06hとなる(現行は19h-06h)。
・商店、飲食店テラス(テーブルは6人まで)、ミュージアム、映画館、劇場(屋内は着席800人まで、屋外は1000人まで)。
・スポーツ施設再開(屋内は着席800人まで、屋外は1000人まで)。
・衛生規準を守りつつの屋外、屋内でのスポーツ可能に。
・テレワーク継続を推奨。
・10人以上の集会禁止。

第3段階 6月9日(水)
・夜間外出禁止が、23h – 06hに。
・カフェ、レストランなど再開(テーブルは6人まで)。
・「衛生パス Pass sanitaire」導入。フェスティバル、見本市など。
・「衛生パス Pass sanitaire」使いつつ、外国からの観光客迎え入れる。
・文化、スポーツ施設で5000人まで集めること可能(衛生パス使用)。
・テレワーク緩和

第4段階 6月30日(水)
・夜間外出禁止を解除
・入場制限など解除(感染状況により地域ごとに判断)
・衛生パス使用の上で、1000人以上の集会が屋内、屋外両方で可能に。
・衛生基本エチケット(ソーシャルディスタンス、手洗い他)
・ディスコは休業のまま


 

パスワードをお忘れの場合、OVNINAVI.COMに登録したE-mailアドレスにパスワードをお送りします。登録E-mailアドレスを入力してください。


戻る