文楽版『月に憑かれたピエロ』の音楽監督、根本雄伯氏。

 今晩から、アテネ劇場で始まる、文楽で演出された『Pierrot lunaire 月に憑かれたピエロ』公演。本紙3月15日号では、この演出を手がけ、人形を自ら操るジャン=フィリップ・デルソー氏について紹介した。  もうひ […]

ラファエル・アロッシュ初小説集『海への回帰』を読む

 2000年にデビューしたパリ生れのシンガー・ソングライター、ラファエルはその3枚目のアルバムから2005年に「キャラヴァン」という売上150万枚の大ヒット曲を出している。美しい顔立ちをした少年のように見えたが、あの時す […]

コプロウィッツ・コレクション

16世紀のスペイン美術から、現代作家バルセロまで。 De Zurbarán à Rothko – Collection Alicia Koplowitz  ジャクマール・アンドレ美術館は、外国の個人コレクショ […]

Jain。第2のストロマエ登場?

1年半ほど前にテレビで見た、エイミー・ワインハウスの『You Know I’m No Good』を、ギターを弾きながら歌う若い歌手…感情過多に陥らず、この名曲のハートを掴んでいる。それがジェインだった。 『Z […]

『Sage Femme』大女優ふたりが対照的な女性を演じる。

 クレールは助産婦という仕事に身を捧げる超まじめ人間。ある日、ベアトリスという女性から「アントワーヌ・ブルトンを探している」という連絡が入る。その人物はクレールの亡父、ベアトリスは彼の愛人だった。彼女が彼を捨てて行方をく […]

Colette20周年を祝う、白いビーチ。

3月21日(火)〜25日(土)  コンセプト・ストア「Colette」はオープン20周年を記念して、パリ装飾美術館の中央大ホールにプールを設置。きょうから土曜日まで、一般に開放される。  装飾美術館の中央、Nef(柱)と […]

文楽と、前衛歌曲。

シェーンベルクを「文楽」で。 ジャン=フィリップ・デルソーさん 演出家・人形遣い  初演の1912年から、常に芸術家たちを刺激してきたシェーンベルクの名歌曲『月に憑かれたピエロ』(以下ピエロ)。今月はアテネ劇場で、文楽の […]

フランスSlam界スターの自伝的映画、『患者たち』。

Patients  ポエトリー・リーディングのアーティストとして活動しているGrand Corps Maladeによる自伝的小説『Patients / 患者たち』が、同じSeine-Saint-Denis県出身の映画監督 […]

Tale Me 子どもと挑戦!ビオ・ファッションの新たな選択肢。

 「子どもが生まれて、ライフスタイルが一変!」というのは、パリジャンの間でもよく聞く話。毎週末、大型スーパーで特売品をまとめ買いしていたカップルが、子どもができた途端「健康のために」とビオ (オーガニック)スーパーの常連 […]

『ダゲレオタイプの女』〜亡き人の想いを封じ込める〜

Le Secret de la chambre noire 『ダゲレオタイプの女』 枯れた風情のパリ近郊。撮影アシスタントの面接に臨むジャン(タハール・ラヒム)は、謎めく邸宅に吸い込まれてゆく。待ち受けるのは写真家のステ […]

『Merci Patron! 』セザール受賞。

  2016年2月の封切りから口コミで上映館数を徐々に増やし、最終的に観客50万人を動員して話題となったドキュメンタリー映画「Merci Patron!」が、フランスの最も権威ある映画賞・セザールのドキュメンタリー賞を受 […]

Cy Twonbly

20世紀後半の最大のアーティストの一人とされるサイ・トゥオンブリー(1928-2011)の大回顧展。絵画、デッサン、彫刻など140点を集め、年代順に展示した。 アメリカのヴァージニア州で生まれ、東海岸の大学や学校で美術を […]