今月のワイン:7月1日号


今回の料理にはムスカデかな、とバスチーユ脇の気になるワイン屋に出かけた。ご主人は、それならと、ナントの南部で作られている、ブルーノという、この店で一番のムスカデ・セーヴル・エ・メーヌをすすめてくれた。「それほど辛口ではないからカキには合わないけれど、素晴らしい奥行きがあるんですよ」。開けると、かんきつ類と青リンゴが混じったような香りが花開く。酸味は薄く、落ち着いたまろやかさが口の中に長く残る名酒だった。 15.5€。
La Cave à la Bastille : 6 rue Sedaine 11e