中古の玩具でエコ&社会貢献

パリ14区にある格安の中古玩具店Rejoué。ぬいぐるみ、お姫様ドレス、パズル、自動車、人形、知育玩具など、玩具一般が所狭しと並ぶ。

フランスでは玩具が毎日約11万個、年間で4千万個がゴミ箱行きとなっている。しかも購入された玩具のうち、およそ7割は8カ月間しか使われない。素材にプラスチックが多く使われていることも、リサイクルを難しくする要因だ。地球が悲鳴をあげるこのご時世に、リサイクルは最重要の課題と言えよう。

パリと近郊で子育て中のパパ&ママに知ってもらいたいのが、玩具のリサイクルを推進するブティック「Rejoué」。同名の非営利団体が運営し、パリ14区に店を構える。販売するのは寄付された中古玩具のみ。ぬいぐるみ、お姫様ドレス、パズル、列車、車とあらゆる玩具がそろう。平均価格6ユーロ、新品価格より約70%安い。子どもが成長した筆者は「10年前に来たかった」と地団駄を踏んだ。

さて、少し前までは当店も販売だけでなく回収もしていたが、スペースの関係で現在は残念ながら休止中。だが、パリ近郊ヴィトリー・シュル・セーヌのアトリエでは常時回収を行う。また不定期だが企業などと協力し、パリ市内でも回収活動を実施。 先月はエコ雑貨店「ナチュール・エ・デクヴェルト」の店舗が回収を引き受けた。こういった情報は流動的なので、公式サイトで確認してほしい。

昨年、Rejouéには約65トンの中古玩具が寄付された。回収後はヴィトリーの専用アトリエで動作のチェックなどをされたのち、エコ洗剤や酢などを使って丁寧に汚れを落とされる。この仕事を担当するのは主に社会復帰を目指す人々。実はRejouéは社会復帰支援施設でもある。失業者らに仕事を与えながら、企業研修や定職探しのお手伝いをしている。2012年のRejoué創設以来、約160人を社会復帰に導いてきた。

玩具を寄付すれば地球に優しく、購入すれば社会貢献に。しかも子どもは環境問題への意識が自然に育まれる。目から鱗の素晴らしいシステムなのだ。(瑞)

Rejouéで中古玩具を購入すれば、結果的に失業者などの社会的弱者のために雇用を生むことにつながる。このシステムをフランス全土に広げたいそうだ。

平均価格6ユーロ。新品価格より約70%安いのも魅力。


Rejoué 中古玩具店

Adresse : 140 rue du Château, 75014 Paris
TEL : 09.5491.3075
アクセス : M° Pernety
URL : https://rejoue.asso.fr/
水~土11h-19h。パリ近郊に中古玩具店(Centre Commercial Quais d’Ivry内)と玩具の回収・清掃アトリエ(20 avenue de l’Abbé Roger Derry 94400 Vitry-sur-Seine)がある。

 

パスワードをお忘れの場合、OVNINAVI.COMに登録したE-mailアドレスにパスワードをお送りします。登録E-mailアドレスを入力してください。


戻る