チャペック兄弟の本と、チェコスロバキア前衛芸術。

Továrna na absolutno [La Fabrique d’absolu], 1929. Collections de la BULAC.

3月12日(金)まで

Karel Čapek et compagnie
– le livre illustré en Tchécoslovaquie

 チェコスロヴァキアの国民的作家、社会派SFの始祖ともみなされるカレル・チャペック(1890-1938)と、その兄で画家、作家のヨゼフ(1887-1945)が書き、挿絵を描き、装丁した本を中心に、この国の1920〜30年代の前衛的文学、演劇、イラストなどの世界に触れる。
人数制限のため要予約。無料。以下サイトでも作品が見られる。


BULAC(Bibliothèque universitaire des langues et civilisations)

Adresse : 65 rue des Grands Moulins, 75013 Paris
TEL : 01.8169.1800
URL : https://bulac.hypotheses.org/32604

 

パスワードをお忘れの場合、OVNINAVI.COMに登録したE-mailアドレスにパスワードをお送りします。登録E-mailアドレスを入力してください。


戻る