Vu d’Italie

 写真家として19世紀半ばフィレンツェで活躍したアリナリ兄弟のアトリエが基盤となった写真美術館の所蔵作品。1841年から1941年までのイタリアの社会、風俗、歴史と、時代にともなう写真技術の変遷を見ることができる。3/6迄(月休)。
Pavillon des Arts : Les Halles, Porte
Rambuteau 1er