Crème de cassis

カシスの赤い実を、純度の高いアルコールに1カ月ほど漬けてから、砂糖のシロップを加え、ろ過したリキュールがクレーム・ド・カシスで、19世紀半ばごろからブルゴーニュ地方で作られはじめた。今でもディジョン産が名高い。アルコール度は15%以上で、1リットル中砂糖が400グラムと甘いので、ストレートよりはカクテルに使われることが多い。フランス人の女性たちに人気があるのがクレーム・ド・カシスと白ワインのカクテル、キール。白ワインのかわりにシャンパンを注げばキール・ロワイヤルになる。アイスクリームやシャーベットの上にかけるのも悪くない。7€前後。