「みんな洗礼を受けたカトリック信者だ。」

「 毎朝、新聞を開くと、イタリアでの暴力事件がある。ある者は恋人を、ある者は義理の母を殺している。みんな洗礼を受けたカトリック信者だ。(…)イスラーム信者の暴力を語るなら、キリスト教信者の暴力も語らなければならない。ほとんどすべての宗教には、常に原理主義的な小グループが存在するものだ。私たちカトリック教にもそれが存在する 」

と語ったのは、なんと教皇フランソワ!7月31日、ポーランドのクラクフで開催されていた世界青年の日からの帰りの飛行機の中で。