鶏レバー炒め

futsuwa

日本ではレバーというと、豚のレバーを使ったレバニラ炒めが名高いが、それを鶏レバーで作ってみた。

ちょっとだけ面倒だけれど、レバーを二つか三つに切り分け、白っぽい筋をペティナイフでそぎとる。あんまり熱心にやると肝心のレバーがグチャグチャになってしまうので、大まかで十分。これをボウルにとる。10分ほど冷たい水にさらした方が、レバー臭が嫌いな人にはいいかもしれないが、ぼくはそのまま。おろしたニンニクとショウガ、トウガラシ粉少々を加え、しょう油と酒も混ぜ入れ、30分ほど漬け込んでおく。ニラが手に入らなかったら、万能ネギを5センチくらいの長さに切り添える。

 レバーのボウルにコーンスターチを加え、丁寧に混ぜ合わせる。フライパンにヒマワリ油などとゴマ油を半々にとり強火にかける。油が熱くなったらレバーを入れる。木のへらで混ぜながらレバーにほとんど火が通ったところで万能ねぎを加え、それがしんなりしたら、しょう油少々をたらして絡ませればでき上がり。焼酎やビールのおつまみに最高だし、ごはんにもうまい!(真)

鶏レバー500g、万能ねぎ適量、ニンニク2片、ショウガ小指大、トウガラシ粉適量、しょう油、酒、片栗粉大さじ1杯、ヒマワリ油  huile de tournesol、ゴマ油。