難民を迎えた市長

villeurbanne

「 難民を受け入れるのは当たり前のこと。異常なのはローラン・ヴォキエーズ(共和党臨時総裁)のような人のヒステリックな発言です。ヴィルールバンヌ市では、長年難民を受け入れてきたけれど、問題が起こったことがない」

10月27日、カレーの難民キャンプ「ジャングル」からリヨン郊外のヴィルールバンヌ市にある一時収容センター(CAO)にバスで到着した50人近い難民を迎えたジャン=ポール・ブレ市長の発言。