展覧会

Au-delà des étoiles 星のかなたの神秘をとらえて

6月25日(日)まで 自然のなかの目に見えない神秘をとらえようとした19世紀末から20世紀初頭までのアーティストの作品。モネ、ゴッホ、ゴーギャンなど。カナダのオンタリオ州美術館と協力して実現した展覧会だけあって、ヨーロッ […]

地平線を撮る写真家、レオング個展。

5月6日(土)まで “Horizons Sze Tsung” – Nicolás Leong メキシコ生まれの英米系アーティスト、レオングは、風景をパノラマで撮影する。会場の写真は、す […]

佐藤可士和 × ARITA “DISSIMILAR”展

 2016年1月のメゾン・エ・オブジェで発表された、有田焼400周年プロジェクト。そのゲストデザイナーとして、有田焼の新たな可能性を引き出したクリエイティブ・ディレクターの佐藤可士和氏の作品が、パリに戻ってきた。その佐藤 […]

Vermeer et les maîtres de la peinture de genre

5月22日(月)まで フェルメールの12点と同時代の画家たちによる同様のモチーフの絵を並置して展示し、フェルメールの独自性を際立たせる。ルーヴル美術館、火休。

Anja Niemi 

4月22日(土)まで ニエミはノルウェーの女性写真家。架空の人物を自分で演じ、細部まで凝った装置の中で撮る。その世界は映画や芝居より非現実的で美しい。

Camille Pissarro

7月2日(日)まで 「印象派の生みの親の一人」と言われるピサロ展。カリブ海のデンマーク領の島で過ごした青年時代から、パリとその近郊で描いた作品まで、風景と肖像画60点を展示。

Bus Expo

3月25日(土)〜4月2日(日) 3月30日から4月2日までグランパレで開催されるArt Paris Art Fairで個展をするアーティストから、写真家マリオ・マシローら5人の作品を、パリ2空港と市内を結ぶバス・ディレ […]

クストディア財団で、2つの展覧会。

5月7日(日)まで La quête de la ligne : Trois siècles de dessins en Allemagne 17世紀初頭から19世紀末までのドイツのデッサンを、美術史家のヒンリッヒ・ジー […]

アニミズムが感じられる、内藤礼と井上織衣の展覧会。

   パリで開催中の2人の日本人アーティストの展覧会に共通するものを見た。ベネチア・ビエンナーレでのインスタレーションなどで知られる内藤礼と、パリ在住の井上織衣だ。  内藤は、小さな木のひとがたを彫って、広島の原爆で焼け […]

L’art du XX siècle au Musée de Picardie

7月2日(日)まで 20世紀美術の逸品をアミアンの美術館で展示中。バルチュス、ピカビア、ピカソ、フォートリエ、デュビュッフェなど。

Siobhán McDonald-Crystalline

3月12日(日)まで アイルランド人アーティストと科学者協働の、想像力を掻き立てる作品。科学者が再現した4億年前の空気を閉じ込めたもの、19世紀に北極で見つかった写真乾板に想起を得た油彩など。

パリ植物園大温室で蘭の展覧会〜Mille et une Orchidée〜

春待つ、2月。パリ植物園の大温室で蘭の展覧会。Mille et une Orchidée  粉雪が舞う日もチラホラ、まだまだ寒さが続く2月のパリ。けれどこの時期は、パリ植物園の大温室が、一年でたった4週間だけ、“千と一輪 […]