■■ BLOG : 小沢君江通信

Être sous la coupe de quelqu’un(…の支配下にある)120

この〈coupe〉は(グラスやカット〉のことではなく、〈Il est complètement sous la coupe de sa femme〉(彼はまるっきり妻の尻に敷かれている)、〈Il a plusieurs […]

同性婚から人工授精(PMA)、代理母出産(GPA)にまで進むか。

 フランスは2013年に同性婚法が成立して以来、同姓のカップルや独身女性も子どもを持つ権利があるという考え方が広がっている。9月下旬、国立倫理諮問委員会(CCNE)は、「レズカップルも独身女性も平等に人工授精(PMA:P […]

36 (trente-sixたくさんの)119

〈36〉は古代エジプトの占星術で使われた10分角(デーカン):黄道十二宮のそれぞれの宮(30度)を3分割した部分。フランス語では「たくさん」を意味する。〈Voir 36 chandelles〉(36のシャンデリアを見る) […]

Poser un lapin à quelqu’un(…との約束をすっぽかす)118

〈lapin ウサギ〉は、ガロア時代から食用になり、人に可愛がれる動物でもある。可愛い子供や恋人を〈Mon lapin〉〈Mon petit lapin〉(ぼくのうさちゃん)と呼び、〈propre comme un la […]

バルセロナ市長の座を狙うマニュエル・ヴァルス

 マニュエル・ヴァルスは、オランド政権の元首相。2017年大統領選でマクロンが当選し、もしやマクロン政権に彼の政治体験が役に立つのではないか、何かの省の閣僚にでもしてくれるのではないかと、衰退しつづける社会党からマクロン […]

Deux poids deux mesures(相手・状況次第で判断が変わる)117

これは18世紀ヴォルテールの時代に使い出された表現で、状況・相手次第で判断が変わること。例えば、路上で同じ位置に駐車違反しているのに、1台の持ち主には罰金が安く、もう1台には高額の罰金が科せられ、差をつけられた運転手は〈 […]

Mettre la tête dans le sable(頭隠して尻隠さず)116

日本語では、キジが草むらに頭を隠すのだけど、フランス語では〈Faire l’autruche〉(危険が迫ると砂の中に頭を隠す)ダチョウのように、事態を直視しないこと。語源は、ローマ帝国の博物学者ガイウス・プリニウス(23 […]

61年前アルジェリア戦争中の拷問死を「国の責任」と認める

 1957年6月11日アルジェリア戦争中、仏軍が当時25 歳の共産党員で数学者モーリス・オーダンをアルジェの自宅で逮捕し、監禁、拷問の末、死なせた事件について、マクロン大統領は9月13日、オーダン未亡人ジョゼット夫人の自 […]

マクロン政権が花形大臣、ユロ環境移行相を失うとき

 8月28日朝8時の公営ラジオ放送、フランス・アンテールのインタビューで、スター的大臣、ニコラ・ユロ環境移行相が突如、「環境相の座を辞任する」と宣言したのには、デンマーク訪問中のマクロン大統領もフィリップ首相も寝耳に水、 […]

Culotte(半ズボン、キュロット)115

キュロットは18世紀の貴族男性のひざまで来る半ズボンのこと。〈Porter la culotte〉は当然、男が実権をにぎることで、例外的に〈Chez lui, c’est sa femme qui porte la cu […]

聖職者の小児性愛疑惑で大揺れに揺れるカトリック界

 8月25-26日、アイルランドのダブリンで開催された「第9回世界家庭大会」を前にフランシスコ教皇が8月20日付で7カ国語で公開した「神の民への手紙」は、冒頭文「わたくしは、多くの聖職者が、権威と信仰心を乱用し多数の未成 […]

Reprendre du poil de la bête(立ち直る、元気を取り戻す)114

16世紀の伝承信仰の中に、動物などにかまれたら、その動物の毛を焼いて、その灰を傷痕につけると直るといわれた。やられたらやり返すの論理から来ている。Depuis qu’il a pris un mois de […]