VRで世界一周、絶滅危機の野生動物へ会いに行こう。

8つのレンズで360°対応する固定カメラやドローンを駆使したVR動画で、リアルな没入型体験へ。

Wild Immersion

 昨年、大規模な改装工事を経てリニューアルしたパリのジャルダン・ダクリマタシオン(順化園)で、今年、新たなアトラクションが始まった。

“世界初のヴァーチャル自然保護区”を掲げたVR(仮想現実)コンテンツで、大自然の中で野生動物と出会う没入型(Immersion)体験ができる。また、チンパンジー研究の先駆者で国連平和大使でもあるジェーン・グドール氏のお墨付きのもと、子どもと大人へ「人間と動物が共生するための活動」を啓蒙する環境プロジェクトでもある。

これまでカンヌ映画祭では期間限定で上映され、パリのシネコン2カ所でも上映中だが、順化園に上陸したことで、一年中いつでも楽しめるようになった。

見てみて、そこにいるよ!

 植物に囲まれた大型テントの中へ入り、回転するイスに座ってヘッドホン付きのVRゴーグルを装着。目の前と後ろに地平線、頭上に空、そして足元には海が広がっている。全員の準備が整ったところで、いざ、CO2を排出しない12分間の世界旅行『Le Wild World Tour』へ。熱帯雨林から雪山、海中まで、地球上のあらゆる自然の中へ飛び込み、ライオン、キリン、シマウマ、サメなど、ありのままの姿の動物たちへ接近。

ちびっこでも大きなゾウやクジラに怖がることなく、「すごい!」「こっちだよ!」など感嘆の声が現実世界に響き渡る。当方は声こそ出さなかったものの、海の映像とともに過去にシュノーケルをした実体験の感動がまざまざとよみがえり、気がつけば目に涙が…。

 4月20日からは第2弾『Les bébés animaux』、7月6日からは第3弾『Aqua』、その後も学校の長期休暇毎に新作を公開予定。アトラクション売上の1%はジェーン・グドール基金に寄付される。(裕)

かつてない視点から野生動物を見られる!

親子で楽しめるアトラクション。

■Jardin d’Acclimatation
Bois de Boulogne 16e
M°Les Sablons
料金:Wild Access (入園+Wild Immersion) 10€、Wild Pass (入園+Wild Immersion+アトラクション券3枚)16€など
月・火・木・金11h-18h、水・土・日・祝日、学校休暇期間 10-18h (Wild Immersionは11h-17h)。
対象:身長100cm未満入場不可。
100cm以上110cm未満は付き添い必須。妊婦不可。


Jardin d’Acclimatation

Adresse : Bois de Boulogne, 75016 Paris