パリの最優秀バゲット発表。

コンクール当日に持ち込まれたバゲット。

 4月17日、パリ市が開催したバゲット・コンクールで、パリ12区のファブリス・ルロワさんが最優秀賞に輝いた。審査団は午後2時から6時半ころまで、228本のバゲットを試食・採点。その後集計が行われ、受賞者を発表した。結果は以下リスト。

審査結果を発表するオリヴィア・ポルスカ=パリ市長補佐。

【第25回 パリ市バゲット・コンクール結果発表】

1 – Fabrice LEROY, Boulangerie Leroy-Monti, 203 Avenue Daumesnil, Paris 12e

2 – Philippe SIMOES, Boulangerie Aux Deux Anges, 23, rue Daval, Paris 11e

3 – Youssef AFANTROUS, Boulangerie Paris & Co Écoles, 4 bis, rue des Écoles, Paris 5e

4 – Kouni ELAYEB, boulangerie Le Délice de Bagnolet, 42, Boulevard Mortier, Paris 20e

5 – Benjamin TURQUIER, Boulangerie Tout Autour de Paris, 134, rue de Turenne, Paris 3e 

6 – Alexandre VIRON, Boulangerie Faubourg St-Charles, 134 rue St Charles, Paris 15e

7 – Linlong SANG, Boulangerie Line, 235, rue de Bercy, Paris 12e

8 – Alexandre PLANCHAIS, Boulangerie Alexine, 109, Avenue de St Ouen, Paris 17e

9 – Jean-Philippe LARDEUX, Maison Lardeux, 63, rue de Caulaincourt, Paris 18e

10 – Frédéric COMYN, Boulangerie Comyn, 8 avenue Felix Faure, Paris 15e

 

 バゲットの長さは55cm〜70cm、重さは250gから300g、1キロの小麦粉につき18gの塩を含むなどの基準をクリアしたもの。審査基準は、焼け具合、味、皮、香り、見た目の5つとなる。

 パリ市長補佐オリヴィア・ポルスカ氏が審査員長を務める審査団は、グラン・パリ・パン職人組合やフランス手工芸会議所のディレクター、エリゼ宮料理長のギヨーム・ゴメツ氏(出張のため欠席)、2018年度にグランプリに輝いたマフムード・ムセディ氏、一般公募したパリ市民6人で構成された。(六)