ウガンダ版『羅生門』

Louis-Cyprien Rials et Ramon Film Productions, Sans titre, 2018, peinture sur bois. Courtesy de l’artiste. Crédit photo: Louis Cyprien Rials

5月12日(日)まで

Louis – Cyprien Rials avec Ramon Film : “Rashomon” ougandais

 パレ・ド・トーキョーの新シーズンは「Sensible」と題し、8人の現代美術家を紹介。

異彩を放つのは日本在住経験もあるフランス人ルイ=シプリアン・リアル。ウガンダの映画製作会社と『羅生門』ウガンダ版を制作。黒澤版のセリフに忠実に、かつ場所を現代のウガンダに移したことで、人間の心理と暴力が時空を超え普遍であることを見せた。
5/1と火休、12h-00h。


Palais de Tokyo

Adresse : 13 av. du Président Wilson, 75016 Paris
アクセス : M°Iéna/Alma-Marceau
URL : www.palaisdetokyo.com/