La petite Ambassade d’Auvergne オーヴェルニュの選りすぐり

豚肉製品の他にも、オーヴェルニュのおいしいものがいっぱい。

 ポンピドゥ・センター近くの〈アンバサッド・ドーヴェルニュ〉といえば、餅のようにビヨーンと伸びるチーズ料理、アリゴで有名なレストラン。その近くにオープンした姉妹店の食品店を訪れてみた。

 オーヴェルニュ地方の選りすぐりの産品が手に入るので、まずはハムやソーセージなどの豚肉製品シャルキュトリーをチェック。Parlan産の生ソーセージ(16.90€/kg)は4本パック売りで買いやすい。量り売りで手に入るアヴェロン地方のsaucisse à la perche(30€/kg)やjambon de Coche(48€/kg)は、ちょっとずつ買って味わいたい。パッケージもおしゃれで日本へのお土産などに重宝しそうなのがLe Roquet社製の豚レバーのパテの缶詰(2.70€)。缶詰独特の嫌な臭いがなくてとても美味しい。牛肉のワイン煮込み daube de bœufやシューファルシなどのお惣菜はランチ用にテイクアウトも可能。

テイクアウトもあり。カーヴを借りて食事をすることも可能。

 お惣菜やチーズ、シャルキュトリーにワインやビールはイートインも可能で、8名以上集まれば地下のワイン蔵スペースを貸し切ることも可能だ。

 クルミ風味のアペリティフ(24€)やステンレス製のヒップフラスク風のボトルに入った香りの良いハーブ、ヴェルヴェーヌ(バーベナ)のリキュール(22€)は、お洒落で贈り物にも喜ばれそう。名物アリゴも買って帰りたかったが、アリゴだけは作りたてを味わってほしいのでこちらでは販売しないそうで、残念。(里)

ハーブ類のリキュールは、携帯に便利なステンレスの容器入りなので、自分にプレゼントしてしまった。


La petite Ambassade d’Auvergne

Adresse : 206 rue Saint Martin, 75003 Paris
TEL : 01.4033.4467
アクセス : M° Rambuteau/ Etienne Marcel
火〜金 10h-14h30 / 16h30-20h(水17h30-) 土 10h-20h 日 10h-13h