気候デモに全国で35万人

3/16
 地球温暖化対策を求める「世紀の行進」デモに、パリの10万人を含む35万人が全国の多数の都市で参加した(主催者発表)。

警察発表ではパリで3万6千人、モンペリエで8千人、マルセイユで2500人など。環境保護団体や中高生・大学生が中心となったが、社会的公正の訴えは共通すると黄色いベストの一部もこのデモに参加。16歳スウェーデン人女高生の呼びかけで始まった毎週金曜日に授業をボイコットする若者の気候ストライキでは、15日の世界規模ストに16万8千人がフランスで参加した。