Goodyear労働裁判始まる

10/04

2014年に閉鎖された北部アミアンのグッドイヤー社工場の元従業員が訴えた労働裁判が始まった。原告が832人いるため労働裁判所でなく、劇場を借り切っての裁判となった。判決は来年5月。アミアン工場(当時2700人)の経営陣は2007年からリストラを始めた。労組は激しい抗議運動を行ったが、同社は14年に工場を閉鎖し1143人を解雇。しかし、労組はグッドイヤーグループが14年に25億ドルの利益を計上していたため経済的理由による解雇は違法として労働裁判所に訴えていた。