神父から性的暴行

 当時13歳だったオリヴィエ・サヴィニャックさんは、1993年のカトリック系若者キャンプで神父から性的暴行を受けた。10月30日オルレアン軽罪裁判所で同神父はその事実を認め、禁固3年を求刑されたが、その直後のサヴィニャックさんの発言。11月3日、ルルドで開かれた全国司教会議に招かれたサヴィニャックさんは「この問題をきちんと扱わなければ、危機に陥るのは教会だ」と証言。