人気シェフの右腕として 経験を重ねる楽しみ。

宇佐美伸弥さん(36歳)  人気料理テレビ番組などへの出演でも知られるシェフ、ジャン=フランソワ・ピエージュさん。現在、彼がパリに持つ4店舗を統括シェフとして束ねているのが、宇佐美伸弥さんだ。宇佐美さんがパリに来たのは1 […]

アルティショーの風味がするキクイモを使ってクリームスープ。

Velouté de Topinambours フランスの朝市にある玉ネギやジャガイモを売る店なら、どの店にも秋から春にかけてキクイモtopinambourが並ぶだろう。最近人気が出てきている昔風野菜の一つだ。ジャガイモ […]

Bouillon Pigalle 気軽にフランス定番料理を楽しめる。

典型的なブラッスリー料理が美味しくてリーズナブルとあって、毎日盛況のレストラン。予約を取らないので、食事時は行列が必至だが、300席もあり、営業時間が長いので混雑時を避ければ難なく座れる。 まずはメニューの飲み物の欄に注 […]

こだわりが詰まった韓国料理

 14区、地下墓地カタコンブの近く。商店街と飲食店でにぎわうエリアの一角にオープンしたばかりの韓国料理レストラン。  店名 KWON は、過去17年間、パリで2つの韓国料理店を経営してきたオーナーのクォンさんの苗字だ。「 […]

“ホンモノ”を味わえるレストラン

「パリで和食といえば」のサンタンヌ通り界隈に、また新しく“ホンモノ”を味わえるレストランがオープンした。白いタイルと無垢材、間接照明があたたかな雰囲気の店内。カウンターキッチン越しに迎えてくれるのは、パリで25年間、有名 […]

淡白な白身魚に、ムール貝も入ったまろやかなソースが合う。

Filet d’aiglefin aux moules  晩ごはんに招いた友人カップルは魚好き。朝市に出かけたら、魚屋に珍しくaiglefinのおろし身がある。英語ではhaddockといい、この魚を薫製にした […]

気軽に買えるイベリコ生ハム。
Viandas de Salamanca

 パリに出張に来るたび、ここで生ハムをわんさか買って日本へ帰るという友人に教えてもらった店。以前はマビヨン市場の裏通り、ロビノー通りにあったのが、サンジェルマン大通りに移ってきて行きやすくなったので、機会があるごとに寄っ […]

セネガルの定番料理に、 どこか懐かしさを感じる – Djoliba。

 チェブジェン、ヤッサ、マフェ…名前はよく聞くのに、実はよくは知らないセネガル料理。客が多く賑わう店に興味はあるけれど入りづらかったりすることも。でもここは、店構えからして入りやすく、木の温もりを感じる店内では様々な国の […]

ノルマンディーの作家と食 〈24〉

 フロベールの『感情教育』(1869年)は、文学青年のフレデリックが、偶然同じ船に乗り合わせた人妻のアルヌー夫人にひとめぼれする場面で始まる。「フランスのウォルター・スコットになりたい」と、文学への野心を持っていた若きフ […]

フランスの食にこだわったプランタンのフードフロアがオープン。

 プランタンのメンズストア 7・8階に今年1月10日にオープンした《プランタン・デュ・グー》。フロア2階分、1700㎡におよぶ広いエリアは、まさにグルメの楽園だ。製品のセレクトは専門家を始めとするチームによりブラインドテ […]

Abondance
アボンダンス谷のチーズ。

 オート・サヴォワ県のアボンダンス谷を中心に生産され、AOP(原産地保護名称)をもらっている牛乳チーズ。高原の香り高い草花を食べている牛の生乳から作られる。長く高温にしないで加熱されるmi-cuite(半加熱)タイプだか […]

Le Flamboire
薪オーブンで焼く、肉と海の幸。

冬の香りといえば、焚き火や暖炉にくべる薪の香り。そんな香りに包まれる、こんな店へ出かけたい。 店に入った途端、目を奪われるのが大きな薪オーブン。赤々と燃える炎の上には、大きな塊の牛肉が香ばしい匂いを漂わせながら焼かれてい […]