『博多長浜ラーメンみよし』の味をパリで。ラーメンビストロ SANJO

 パリ1区、オペラ大通りから一本入った小路に、ラーメンビストロ『Sanjo』がオープンした。京都で40年続く有名店『博多長浜ラーメンみよし』の味を継承した、本格派とんこつラーメンのお店。従来のラーメン屋さんのイメージを覆 […]

Camembert de Normandie
カマンベールの表記変更に

 カマンベール好きが買うのは、決まって「de Normandie」と明記されているAOP(原産地保証名称)のもの。牧草地で放し飼いにされているノルマンディー種の牛の、生乳lait cruを50%以上使って作られていて、手 […]

マスをクール・ブイヨンで煮てから冷まし、初夏のごちそうに。

Truite au court-bouillon  養殖のマスは、年中魚屋で手に入るし、1尾が1人分の大きさというのも便利だし、値段もキロ10ユーロ前後と手ごろだし、そのうえ、川魚なりのくせというか、味わいが残っているの […]

ギャラリー・ラファイエットで、
チーズ&ワインのテイスティング

 パリの老舗デパート、ギャラリー・ラファイエットで、ワインとチーズの試食アトリエが開催されると聞き、さっそく参加してみました。講師はブルゴーニュ地方はディジョン出身のティエリー・ジヴォーヌさん。ワインの試飲などを行う会社 […]

Fromage frais de chèvre
ヤギ乳チーズがおいしい季節。

 初夏はヤギ乳チーズがおいしい。そのフレッシュチーズはヤギ乳チーズが苦手な人にもぜひ味わってほしい。チーズ屋には、型に入ってまだ柔らかいもの、すでに成形されものが並んでいる。柔らかいものは、刻んだシブレット、タイムの柔ら […]

ノルマンディーの作家と食 〈28〉

 フロベールの作品中、実体験に基づいて書かれている要素が最も多いのが『感情教育』(1869年)だ。先に見たように、この作品の主人公フレデリック同様、作者も人妻への叶わない恋を追いかけ続けた。アルヌー夫人を思慕しながらも、 […]

Café Nata ポルトガル・カフェでエッグタルトとお昼ご飯。

絶品のポルトガル菓子、パステル・デ・ナタはここで。  パステル・デ・ナタ(Pastel de Nata)とは、日本ではエッグタルトと呼ばれている小さなカスタードクリーム入りのタルトのこと。この店ではポルトガルで売られてい […]

Bopome
台湾ストリートフード、パリ10区に。

つまみ食いに、がっつり食事に。 自由気ままに台湾ストリートフード。  台湾の観光名物のひとつ、士林夜市は安くてうまいB級グルメの屋台が並ぶ巨大なフードマーケット。膨大な数を誇るストリートフードの中でも人気上位にある捲餅( […]

マッシュルームの香りがするソースで鶏肉を味わう。

Sauté de poulet aux champignons    ローストされた鶏肉は歯ごたえがあってうれしいし、一方、ソースでじっくりと煮込まれた鶏肉の柔らかさも捨てがたい。というわけで、今回はその中間の […]

SuMiBi Kaz
味わい深い炭火焼の和食を。

 本日、6月1日オープンの炭火焼「一(Kaz)」さん。 ブローニュ・ビヤンクールの名店、レストラン四季の叶シェフによる新店です。 OvniもZoom Japonも設置いただいています。 本格炭火焼の和食は、やはり味わいが […]

カクテルやタパスも。斬新なラーメン店、Ramen Bowl。

 いまやラーメンの激戦区と化しつつあるパリに、さらなる新店が加わった。8区、シャンゼリゼ通りから一本入った通りにオープンしたRamen Bowl(ラーメン・ボウル)は、「日本のストリートフード」をテーマにタパス&カクテル […]

『Le 975』日本人ならではの料理でフランス人を楽しませたい。

玉尾大樹さん(42歳)  「1年で帰るつもりが、気づくと16年目です」。2002年にパリにきた玉尾大樹さん。オーナーシェフを務めるレストランLe 975は、連日昼も夜も大盛況。フランス人の常連客がほとんどで、予約しないと […]