映画

Festival Kinotayo フランス現代日本映画祭

1月17日(木)〜2月10日(日)    第13回フランスの現代日本映画祭。地方都市では上映が始まっているが、パリでは17日から。『港町』の想田和弘監督、『斬、』の塚本晋也監督ほか、今年も豪華ゲスト来場。kinotayo […]

『終わらない人 宮﨑駿 / Never Ending Man』フランス公開

 フランスでも絶大の人気を誇る宮崎駿監督を追ったドキュメンタリー映画『終わらない人 宮﨑駿 / Never Ending Man』が、フランスで劇場公開される。 「何度も辞めると言って騒ぎを起こしてきた人間なので、どうせ […]

細田守の3作品を特別上映

12月26日〜1月1日(火)まで  あす12月26日、細田守監督の『未来のミライ』がフランス公開となるのに合わせて、MK2では一週間の細田守特集を開催。 12月26日(水)『おおかみこどもの雨と雪 / Les enfan […]

見る人を釘付けにする監督の感性 ー『僕の父 / Mon père』

 以前から、南半球の空気感は北半球のそれとは異なる気がしている。そして、とりわけ色彩感覚に関して、ラテンアメリカ、インディオの艶やかな色づかいは、北半球人の感性からは生まれないものだと思う。  ペルーのアルヴァロ・デルガ […]

『Leto』無邪気な歌声、刹那の輝き。

 欧米から音の息吹を吸い込むアンダーグラウンドシーン。ソ連で刹那(せつな)の輝きを放ったロックスターの青春映画だ。80年代初頭のレニングラード。新しい音楽を前に、会場は熱を帯びる。ステージに立つマイクと、ライブに忍び込む […]

カンヌ最高賞『万引き家族』、ついにフランスで劇場公開。

 カンヌ映画祭で頂点を極めた是枝裕和監督の『万引き家族』が、いよいよフランスで劇場公開だ。今村昌平監督の『うなぎ』以来、日本人監督としては、21年ぶりの最高賞パルムドール受賞作。日本では6月の公開からヒット街道をひた走り […]

『アマンダ/Amanda』遺された人はどうやって生きていくのか。

 ある夏の日の夕方、7歳の少女、アマンダ(イゾール・ミュルトリエ)は待ちぼうけをくらっている。迎えに来るはずの叔父のダヴィッド(ヴァンサン・ラコスト)が現れないのだ。慌ててやって来るダヴィッド。彼は、短期貸しアパートの管 […]

『Heureux comme Lazzaro』神が愛する魂に、気が付かぬ人たち。

 イタリア映画の中でも、そして女性監督の中でも、現在、群を抜く才能の持ち主、それがアリーチェ・ロルヴァケル。社会風刺も辞さないが、その実、本人の人柄の反映か、自らのルーツである田舎の普通の人々に注ぐ視線が、ほんわりと温か […]

『 Le Grand Bain 』一流俳優が集結。シンクロ・コメディー。

 男子のシンクロナイズドスイミングを映画の題材にしたのは、日本の矢口史靖監督『ウォーターボーイズ』(2001)が世界で最初だと思う。ピチピチの男子高校生が紆余曲折を経てシンクロに挑み、学園祭で大成功を納めるまでの青春コメ […]

『Les Frères Sisters』オディアール流を貫く英語の西部劇。

 『ディーパンの闘い』でカンヌ映画祭の最高賞を獲得したフランス人監督ジャック・オディアール。ヨーロッパで頂点を極めた名匠の次なる一手は、アメリカ人俳優を使った英語の西部劇。もしや無駄にアメリカナイズされた作品になるのでは […]

『黙ってピアノを弾いてくれ』フィリップ・ジェディッケ監督

 音楽に疎い筆者に一大発見をもたらしたのが、10月3日公開のドキュメンタリー『Shut up and Play the piano / 黙ってピアノを弾いてくれ』(フィリップ・ジェディッケ監督)。  ちょっと五月蠅(うる […]

『 Le temps des forêts 』
嘘の森と、本物の森?

 嘘っこの森と本物の森があるって知ってましたか?12日に公開になったドキュメンタリー『Le temps des forêts / 森林の時間』(フランソワ=グザヴィエ・ドゥルエ監督)は衝撃でした。 実は林業も農業と同じく […]