映画

〈追悼〉映画プロデューサー、吉武美知子さん

オヴニーの友人・吉武美知子さんが2019年6月14日、がんのため息を引き取った。リベラシオン紙は「30年来パリに住み、日仏の作家性のある映画の架け橋に」と追悼。オヴニーでは88年以降(吉)の署名で映画紹介を執筆。初原稿はジャック・ドゥミの『想い出のマルセイユ』評(下写真)。映画愛たっぷりに新鮮な映画情報を届けた...

カンヌでパルムドール受賞作、
ポン・ジュノ監督『Parasite』。

©The Jokers / Les Bookmakers カンヌ映画祭の話題作が早くもフランスで劇場公開だ。監督は『グエムル−漢江の怪物−』『オクジャ/okja』のポン・ジュノ。シネフィルから支持されながらもしっかり大ヒットを飛ばし、ネットフリックスも才能に目をつける幸せな韓国の鬼才だ。まだ本原稿の執筆段階で受...

第72回カンヌ映画祭だより⑤韓国映画史上初のパルムドール、ポン・ジュノ監督『Parasite/パラサイト』

ポン・ジュノ監督、受賞後の会見。   「審査員満場一致で」決定した最高賞。  昨年の『万引き家族』に続き、アジア映画が二年連続で最高賞の快挙です。韓国の鬼才ポン・ジュノ監督の『Parasite/パラサイト』が、第72回カンヌ映画祭の最高賞パルムドールを受賞しました。審査委員長のアレハンドロ・ゴンサレス...

第72回カンヌ映画祭だより④ 初!ミニ託児所と、今年のカンヌ特製バッグ

アルベール・ラモリス監督の『赤い風船』ポスター  カンヌ映画祭で今年初めて登場したもの、それはミニ託児場です。その名も「Ballon Rouge」。1956年の短編パルムドールを受賞した、アルベール・ラモリス監督の『赤い風船』にちなんでいます。国や自治体がブースを出すインターナショナル・ヴィレッジ(国際村)内にあり...

ロンジオーネの演技に惹きつけられる。 『Une part d’ombre/影の部分』

©︎Destiny Films  ベルギーに贔屓(ひいき)にしている俳優がいる。イケメンでもなんでもない中年男優のファブリツィオ・ロンジオーネ。ダルデンヌ兄弟作品の常連なので顔を見れば、あっ彼のことかと分かる人もいるかもしれない。彼が主演する『Une part d’ombre / 影の部分』は、サミュエル・ティルマ...

第72回カンヌ映画祭だより③ “聖なる怪物”アラン・ドロンの名誉パルムドール受賞

ドロン主演&プロデュース作として名高いジョゼフ・ロージー監督の『パリの灯は遠く/Monsieur Klein』の上映も行われました。Mr Klein © Studiocanal  連日雨が降り、寒い日々が続きます。朝、ネットで気温を見たら、パリよりもカンヌの方が低くて驚きました。さて、5月19日の日曜日、カ...

第72回カンヌ映画祭だより② 東映と三池監督はアウトローの味方です。

『初恋』。東映と三池監督が新しくてイキの良いアウトロー映画を作りました。©2020「初恋」製作委員会 5月17日、監督週間『初恋』の公式上映。ベッキーの怪演もお見事。   昨年のカンヌは是枝裕和監督の『万引き家族』が最高賞のパルムドールを獲得、つまり日本が頂点に立ちました。しかし、今年は公式招待作品の中に邦画が一本...

第72回カンヌ映画祭だより①

カンヌ開幕を飾ったジム・ジャームッシュ監督と俳優陣の会見。クロエ・セヴィニー、ティルダ・スウィントン、セレーナ・ゴメス、ビル・マーレイなどが参加したが、アダム・ドライヴァーは帰ってしまって残念!   第72回となるカンヌ映画祭が幕開けました。今回も昨年に引き続き、期間中、何度か現地のミニレポートをお届けできたらと...
 

パスワードをお忘れの場合、OVNINAVI.COMに登録したE-mailアドレスにパスワードをお送りします。登録E-mailアドレスを入力してください。


戻る