連載コラム「MADE IN FRANCE」

フランスでこだわりをもって作られている品々を紹介。

Maison Legeronのコサージュ

 帽子やドレスなどを飾るコサージュや羽根は、19世紀末から第1次大戦までのベル・エポックのフランス女性のファッションを思い起こさせる。オートクチュールのメゾン、そしてデパートや既製服が生まれ、ファッションの大衆化の兆しが見え始めた時代だ。コルセットから解放された上流階級の女性も中流層の女性も華やかな帽子を被り、コサージ...

Société Albertiniのガラスタイル

8x8cm、厚さ0.5cmのガラス。約14枚 (1kg)で15.10€。 タイル、モザイク、ステンドグラスなどインテリア建材としてのガラスには様々な種類があるが、手作りガラスは大量生産品にはない独特の風合いがあり、人気が高まっている。1925年にパリ郊外モンティニー・レ・コルメイユで創業したアルベルティーニ社は...

CBG-Mignotの鉛の兵隊

軍旗を掲げる、サン=シル士官学校の歩兵(1812年)  鉛の兵隊は欧米で19世紀から20世紀前半まで男の子の玩具の定番だった。主に独、仏、英で製造され、70〜80代以上のフランス人男性はナポレオン軍や第1次大戦の兵隊フィギュアで遊んだ思い出のある人が多いそうだ。第2次大戦後はプラスチック製に取って代わられ、80年代...

Meccanoの組み立て玩具

定番の人気商品。Ferrari 488 Spider、306ピース。 (こちらのプレゼント応募受付けは終了しました。)  組み立てる玩具といえば、フランスでは昔ながらの積み木や「カプラ」、「レゴ」、マグネットを使ったものなどが人気だが、中年以上の男性がノスタルジックに思い出すのは、金属製の本格的な組み立て玩具「メカ...

PRIEUR-SPORTSのフェンシング用具

FIEマスク : ハイレジスタンス。139€。 エペ電気剣 : 剣針はブレーズ・フレール社のマルエージング鋼製。186€  欧州中世の騎士の剣技を起源とするフェンシングとフランスの関係は深い。欧州各国・地方によってルールがまちまちだったのを、1913年パリに設立された国際フェンシング連盟(FIE)が競技のルールを統...

Jean Rozeの高級シルク生地

 絹織物と言えばリヨンが有名だが、ロワール川流域のトゥール郊外に17世紀から続く絹織物の会社があると聞いて訪れてみた。 壁布、カーテン、椅子・ソファなどインテリア用の高級シルク生地を製造するジャン・ローズ社だ。シャンボール城、ヴィランドリー城などのロワール川古城、美術館、高級ホテルや国内外の邸宅のインテリアを優雅に彩...

Clairvoyのブーツ

フレンチカンカン用のブーツ。 © Maison Clairvoy  パリのピガール界隈のこまごまとした商店が並ぶ通りに、主にスペクタクル用のブーツを手作りする小さな店とアトリエがある。1945年にこの地で創業したクレールヴォワだ。ムーラン・ルージュなどのキャバレー、演劇、ダンス、サーカス、映画用のブーツや靴をオーダ...

Manufacture Vuilleminの置時計

伝統的なコントワーズ。ケースがトウヒ製は990€、オーク製は3200€~  置時計や掛時計が一般家庭からほぼ姿を消した今でも、多くのフランス人には子どもの頃におばあちゃんの家にあった大きな時計の思い出がある。フランスではスイスに近いブザンソンとその周辺地域が時計の生産地として有名だが、スイス資本に買収されたり、ス...

Clairefontaineのノート

1990年代に発売され人気の高かった「マドラス柄」ノートを創業160周年を記念して復刻。  長髪女性の横顔のマークが目印のクレールフォンテーヌのノートは、フランスでは昔から馴染み深い。学校の配るリストを片手に「grands carreaux(大きな方眼)」、「petits carreaux (小さな方眼)」といった...

Goossens Paris のアクセサリー

Bague Stones : エメラルドカットのロッククリスタルの指輪。24カラットゴールドめっき。290ユーロ。© GOOSSENS  ファッションの国フランスには、アクセサリーやジュエリーのメーカーは星の数ほどある。そのなかでも、名だたるオートクチュールのメゾンにジュエリーを作るゴーサンス(グーセンス)・パ...
 

パスワードをお忘れの場合、OVNINAVI.COMに登録したE-mailアドレスにパスワードをお送りします。登録E-mailアドレスを入力してください。


戻る