舞台・映画

夏は、ラ・ヴィレット公園で夜の屋外シネマ。

©Marie-Sophie Leturcq 7月17日(水)〜8月18日(日) ラ・ヴィレット公園で夜の屋外シネマ。SF、環境、自然への回帰、ユートピアや反ユートピアなど「明日」がテーマの25作品。18日はテレビ局ARTEが巨大カラオケ、20日は『崖の上のポニョ』上映など子ども向け作品も。土日は上映前に...

夏はヴァンセンヌの森でジャズ三昧。Paris Jazz Festival

今年も7月6日から28日までの土日、ヴァンセンヌの森のParc Floralでパリ・ジャズ・フェスティバルが開催される。入園料(2.5€)だけで緑に囲まれた中で楽しいジャズを聴けるのだから、パリ市民に人気が高いのは当たり前だ。税金はこんなふうに使ってほしいですよね。前半のプログラムの中から面白いものをピックアップし...

ルーブル美術館の中庭で、屋外シネマ(要予約)!

ルーブル美術館の中庭で屋外シネマ。ルーブルをテーマ/舞台にした映画作品(『王妃マルゴ』、『ダ・ヴィンチ・コード』)や、ルーブルに展示されている作品が登場する映画(『ミッション・クレオパトラ』)を無料で鑑賞できる。 上映の晩は、19時からピラミッドの広場がフードコートに。バーガー、フィッシュ&チップ...

1750様限定、シャンゼリゼ屋外シネマ!

さて、暑くなってきて、いよいよ屋外上映会の季節です。7月7日はなんと、シャンゼリゼ大通りが封鎖され、歩行者天国ならぬ、シネマ天国になるというイベント”Un dimanche au cinéma" 。今年で2回目です。夜20hから。 座席数は1750しかないので、応募者のなかから抽選で座席が与えられます。ひ...

4DXとDolby Cinemaで話題作を観賞。

Dolby Cinemaの椅子が豪華で眠気を誘われました。  臨場感を追求した体験型上映システム4DX。バンコク、LA、ロンドンに続き、パリ上陸は2017年3月のこと。国内初の4DX映画館は19区ラ・ヴィレットのPathéだった。現在は国内30館以上で体験可能だ。 4DXでは水が飛んでくるが、一応「ON」...

Gluck “Iphigénie en Tauride”オペラ『トーリードのイフィジェニー』

©︎Patrick Messina グルックといえば、オペラ『オルフェオとエウリディーチェ』が名高いが、同じくギリシャ悲劇をもとにした『トーリードのイフィジェニー』は1779年に初演された遺作ともいえ、『オルフェオ』に劣らない名作だ。 グルックはハイドンより一世代年上の作曲家だが、女神ディアーヌの神殿が嵐...

Champs-Elyéees Film Festival

6月18日(火)〜25日(火)        第8回シャンゼリゼ映画祭。仏米の独立系映画を集めた一般向け映画祭。シャンゼリゼの映画館5館で。今年はジェフ・ゴールドブラム、カイル・マクラクラン、クリストファー・ウォーケンなどのマスタークラスも。...

日仏女性劇団セラフ演じる三島由紀夫『近代能楽集』

« 5 contes modernes de Nô » d’après Mishima 5月23(木)、24(金)、25(土)  「能楽はたえず私の文学に底流してきた」という三島由紀夫が、1956年から1968年にかけて書いた『近代能楽集』。能の謡曲のテーマを保ちながら、シチュエーションを日本の戦後の社会に置き換えて書...

Sankai Juku

5月4日(土)まで フランスで絶大な人気の山海塾。82年からの活動拠点・パリ市立劇場が閉館中のため、新作「Arc-Chemin du jour」をシャンゼリゼ劇場で披露。4/29から5公演。 20h。8€〜58€。 ...
 

パスワードをお忘れの場合、OVNINAVI.COMに登録したE-mailアドレスにパスワードをお送りします。登録E-mailアドレスを入力してください。


戻る