コンサート

Emilie Calmé 波打つような、ジャズ・フルートの音。

 5月21日(火)  ラジオから静かに波打つフルートの音色。ジャズのフルートが苦手なぼくだが、ついつい耳を傾ける。エミリー・カルメは、インドのバンスリ(横笛)の大名人、ハリ・プラサードに師事したこともあるフルート奏者。今 […]

薩摩琵琶の音、ドラムとトランペット即興の晩。

5月19日(日)  薩摩琵琶は平家物語の『壇ノ浦』などの語りに欠かせない楽器。豊かな弦の音色、大きなバチをたたきつけるような打楽器的奏法の迫力。 与之乃(ヨシノ)は鶴田流の琵琶奏者だが、伝統を超えた演奏も目指す。今回はト […]

Benjamin Grosvenor

5月12日(日)  英国生まれのベンジャミン・グローヴナーは今年26歳のピアニスト。 2012年に出たショパンのスケルツォやラヴェルの『夜のガスパール』を弾いているアルバムが絶賛された。今回の曲目はシューマンの『クライス […]

マーク・コープランド、ピアノソロ。

5月10日(金)  サックス奏者デイヴ・リーブマンとのデュオアルバムやゲーリー・ピーコックとのトリオアルバム『NowThis』で素晴らしいピアノを弾いているのがマーク・コープランド。今回のパリ公演はソロだけに、彼の柔らか […]

Louis Sclavis Quartet

4月20日(土)  ルイ・スクラヴィスはECMから出した『Rouge』というアルバムがヒットして脚光を浴びたクラリネット奏者。フリーなフィーリングを保ちながらも、しっかりとした構成でメロディアスなアプローチは今も変わらな […]

鈴木雅明、メンデルスゾーン『イタリア』ほか

4月27日(土)  鈴木雅明といえば、バッハ・コレギウムを率いたバッハのカンタータ全曲録音で高い評価を受けている。今回はフランス放送フィルを指揮して、なんと、メンデルスゾーンの交響曲第4番『イタリア』を披露。人気のハープ […]

“Fado in Paris” パリはいいファドが聴ける町。

4月6日(土)、7日(日)  パリはポルトガル人が多く住んでいることもあり、良質のファドを聴くことができる。2日間にわたりサウダージ(郷愁、切なさ…)のとりこになりそう。6日の主役で今注目の女性歌手カルミーニョが楽しみ。 […]

マリのブルース。ハビブ・コイテとバマダ

Habib Koité & Bamada 4月9日(火)   ハビブ・コイテはマリ出身のミュージシャン。アリ・ファルカ・トゥーレばりの柔らかいタッチのギターを弾き、マリ音楽の伝統に近いブルースを歌う。サリフ・ケイ […]

お気に入りのバーZorbaでコンサート”Vital Idles”

3月21日(木)  オヴニースタッフお気に入りの老舗バー「Le Zorba」では、主に木・金にコンサート。ヴァイタル・アイドルズはスコットランド、グラスゴーのグループでファーストアルバムの「Left Hand」ツアー中。 […]

Nik West のファンク魂を聴きに。

3月21日(木) 女性ミュージシャンをスターにするのが得意だったプリンスのおかげで脚光を浴びるようになったニック・ウエスト。歯切れのいいベースはファンク魂にあふれ、歌もなかなか!昨年の公演が大好評でパリに再来。 27€。 […]

アラーニャ×クルジャク共演『オテロ』

3月7日(木)〜4月7日(日)  ヴェルディがシェークスピアの悲劇『オセロ』をオペラ化した『オテロ』。ロベルト・アラーニャとアレクサンドル・クルジャク夫妻が、オテロとデスデモーナ役で共演(4/1・4・7を除く)する。 対 […]

アンデルジェフスキによる、ハイドンとショスタコーヴィチ

3月17日(日)   Piotr Anderszewski ポーランド出身のピョートル・アンデルジェフスキはバッハ、モーツァルト、ベートーヴェン演奏では並ぶ者がない。 今回はベルチャ弦楽四重奏団とショスタコーヴィチのピア […]