散策

ディジョンの老舗パン・デピス屋を訪ねて。

La Fabrique de Pain d’épices Mulot & Petitjean  マスタードやカシスで有名な美食の街ディジョンには、もう一つの名産品がある。蜂蜜と香辛料入りのお菓子、パン […]

シュヴァルの理想宮 具現化された夢想家の頭の中

 フランス南東部ドローム県に建つ「シュヴァルの理想宮」。郵便配達人のフェルディナン・シュヴァルが、たった一人で作り上げた世紀の力作だ。アクセスは悪いが、年間17万人が訪れる立派な観光スポットである。  1879年4月、シ […]

パリの新型キオスクを見せてもらう。

Kiosque innovant マタリ・クラッセがデザインしたパリの新しいキオスク  パリ10区、地下鉄ジャック・ボンセルジャン駅前広場のキオスクが根こそぎ消えたと思ったら、しばらくして新しいキオスクが出現した。入札で […]

オービュッソン・国際タピスリー・センター

 フランスのおヘソの位置にあるクルーズ県オービュッソン。タピスリーで名高いこの町は交通の便が悪く、列車の後はバスや車を乗り継いで行くことになる。だが到着すれば、緑豊かで中世の趣を残す街並みに感慨もひとしおだろう。  フラ […]

アンリ・チェルヌスキ-非凡な人生とコレクション。

 モンソー公園に接し、瀟洒な邸宅が並ぶ並木道の奥に、パリでギメ美術館に次いで重要な東洋美術コレクションをもつ美術館がある。「チェルヌスキ」という名前が示すとおり、コレクションと邸宅をパリ市に遺贈した蒐集家はイタリア生まれ […]

新・ロデーヴ博物館:太古の時代とポール・ダルデの彫刻。

 ロデーヴは、南仏エロー県の山の中にある美しい町だ。モンペリエから北西に45キロ、赤茶けた粘土質の土が層になっているのを見ながら進むと、赤い奇岩に囲まれたサラグー湖。湖を超えるとロデーヴの町に着く。7月に改装オープンした […]

ゴッホの最期の日々、オヴェール=シュル=オワーズ再訪。

Auvers-sur-Oise  ゴッホは自殺でなく他殺だった、という仮説にもとづくマリアンヌ・ジェグレ著の小説 “Vincent qu’on assassine“(L’a […]

Musée de la Romanité ニーム市にオープン、ロマニテ博物館。

 6月2日、ニーム市の中心に「ロマニテ博物館」がオープンした。ニームには、約2千年前に建立された神殿や、水道橋ポン・デュ・ガールなどの古代ローマ遺跡が多く、〈フランスの小さなローマ〉とも呼ばれる。それらの遺跡が造られた時 […]

石上純也「自由な建築」展。
カルティエ財団 〜会期延長

Junya ISHIGAMI, “Freeing Architecture”  緑の庭に囲まれたカルティエ財団の展示室に入ると、中国山東省に建設中の『谷の教会』の巨大模型が、高い天井まで伸びている […]

春から秋、現代アートに彩られるショーモン城。

 ロワール川を見下ろす高台にあるショーモン城。アンリ2世の妃カトリーヌ・ド・メディシスが王の死後、愛人ディアーヌ・ド・ポワティエにシュノンソー城を王家に返せと要求し、自分が所有していたショーモン城と交換させたことで有名だ […]

パリ左岸、新デジタル地区を歩く。

Paris Rive Gauche, le quartier numérique ! パリ左岸、13区。今そのセーヌ川沿いの一角が、都市開発プロジェクト Paris Rive Gauche (パリ・リヴ・ゴーシュ)により […]

マルセイユでホテル・ル・コルビュジエに泊ってみた。

 マルセイユの集合住宅”ラ・シテ・ラディユーズ”(輝く都市)は、1952年に完成したル・コルビュジエの代表作です。東京から来た友人とマルセイユに行ったついでに、この世界遺産の中にあるホテルに泊まってみた。 メトロでロン・ […]