散策

新・ロデーヴ博物館:太古の時代とポール・ダルデの彫刻。

 ロデーヴは、南仏エロー県の山の中にある美しい町だ。モンペリエから北西に45キロ、赤茶けた粘土質の土が層になっているのを見ながら進むと、赤い奇岩に囲まれたサラグー湖。湖を超えるとロデーヴの町に着く。7月に改装オープンした […]

ゴッホの最期の日々、オヴェール=シュル=オワーズ再訪。

Auvers-sur-Oise  ゴッホは自殺でなく他殺だった、という仮説にもとづくマリアンヌ・ジェグレ著の小説 “Vincent qu’on assassine“(L’a […]

Musée de la Romanité ニーム市にオープン、ロマニテ博物館。

 6月2日、ニーム市の中心に「ロマニテ博物館」がオープンした。ニームには、約2千年前に建立された神殿や、水道橋ポン・デュ・ガールなどの古代ローマ遺跡が多く、〈フランスの小さなローマ〉とも呼ばれる。それらの遺跡が造られた時 […]

石上純也「自由な建築」展。
カルティエ財団 〜会期延長

Junya ISHIGAMI, “Freeing Architecture”  緑の庭に囲まれたカルティエ財団の展示室に入ると、中国山東省に建設中の『谷の教会』の巨大模型が、高い天井まで伸びている […]

春から秋、現代アートに彩られるショーモン城。

 ロワール川を見下ろす高台にあるショーモン城。アンリ2世の妃カトリーヌ・ド・メディシスが王の死後、愛人ディアーヌ・ド・ポワティエにシュノンソー城を王家に返せと要求し、自分が所有していたショーモン城と交換させたことで有名だ […]

パリ左岸、新デジタル地区を歩く。

Paris Rive Gauche, le quartier numérique ! パリ左岸、13区。今そのセーヌ川沿いの一角が、都市開発プロジェクト Paris Rive Gauche (パリ・リヴ・ゴーシュ)により […]

マルセイユでホテル・ル・コルビュジエに泊ってみた。

 マルセイユの集合住宅”ラ・シテ・ラディユーズ”(輝く都市)は、1952年に完成したル・コルビュジエの代表作です。東京から来た友人とマルセイユに行ったついでに、この世界遺産の中にあるホテルに泊まってみた。 メトロでロン・ […]

5周年を迎えた、炭鉱の町のルーヴル別館 Louvre-Lens。

 昨年末の12月4日に5歳の誕生日を迎えたルーヴル・ランス。世界で最も有名な美術館の分館だ。フランス最北部シュティの地(ノール・パ・ド・カレー地方)にあり、パリ北駅からはTGVで1時間10分。ランス駅からは美術館を結ぶ無 […]

パリの日曜大工コワーキング・スペースへ行ってみた。

Après le DIY, partons pour le DIWO !  フランスで古いものに囲まれて暮らしていると、必要に迫られるまま、bricolage(ブリコラージュ)こと日曜大工が生活の一部になってくる。築10 […]

かの文豪にも愛された、「フランスで一番美しい村」。

Veules-les-Roses  ノルマンディー地方の海辺の小さな村、ヴル・レ・ローズ。ディエップとフェカンの中間にある人口600人ほどのこの村が、この10月「フランスの最も美しい村」に認定された。小石の海岸が多いこの […]

イヴ・サンローラン美術館、パリ・マルソー通りにオープン。

Musée Yves Saint Laurent Paris  フランス的エレガンスを象徴するファッションデザイナー、2008年に亡くなったイヴ・サンローランの美術館が10月3日に開館した。オートクチュールのアトリエとサ […]

ジャン=ジャック・ルソーが暮らしたモンモランシーの家・博物館

Musée Jean-Jacques Rousseau à Montmorency  パリから約15キロ北の町モンモランシーに、ジャン=ジャック・ルソーが数年間住んだ家が残っている。その家 (モン・ルイ館)を市が買い取り […]