貧困家庭支援のため

「あなたの人種や国籍や宗教をたずねようとは思わない。あなたの苦しみが何なのかをたずねているのです」 昨年夏の号で「バカンスから忘れられた子どもたちの日」という素晴らしい活動について書いたが(857号)、それを主催している […]

タバコの消費量

9.1% 2018年度、タバコの消費量が9.1%減った。毎年のタバコの値上げが、20歳前後の喫煙者にブレーキをかけたことが主な原因とみられる。今年の3月も5%~8%値上がりし、たとえば、マールボロ一箱は8.2ユーロから8 […]

「écocideエコサイド」環境破壊の罪。

   132カ国の政府が参加する「生物多様性及び生態系サービスに関する政府間科学政策プラットフォーム」(IPBES)は5月6日、「人類の活動のせいで動植物100万種が絶滅の危機にある」というショッキングな報告書 […]

仏テレコムの裁判始まる

5/6  自殺者を多く出したフランス・テレコム(現オランジュ)社の組織ぐるみのモラルハラスメントの裁判がパリ軽罪裁判所で始まった。 これは2万2千人の退職を目指す厳しいリストラ計画のもとで、多数の社員が過酷なモラハラを受 […]

エリゼ宮御用達。

パリのバゲットコンクールで優勝し、大統領府のパン屋さんになったマフムッドさんの1年。  ラスパイユの並木道にまだ人もまばらな、朝6時ちょっと前。マフムッド・ムセディさんがバゲットを持って工房から出てきます。これからバスケ […]

予防接種安全性の訴え却下

5/6 国務院は11種の予防接種義務化に反対する2つの訴えを退けた。 一つは政府が2018年1月以降出生の新生児に対して予防接種を3種から11種に増やしたことに抗議し、予防接種の自由を主張する団体が訴えたもの。国務院は感 […]

ノートルダム再建に国民の声

5/3  リステール文化相は、パリのノートルダム大聖堂の再建案を決める際に、国民の意見を汲み上げる制度を設けるとTVインタビューで明らかにした。 大聖堂の火事の直後、政府は焼け落ちた尖塔の再建のために国際コンペを行うと発 […]

欧州議会選、33リスト

5/3  5月26日に実施されるフランスの欧州議会議員選挙の候補者リスト受付けが締め切られ、34のリストが登録された。 前回2014年は8選挙区だったが、法改正で、今回は全国単一選挙区で比例代表制。世論調査では与党の共和 […]

「黄色いベストが病院襲撃」発言に内相非難の的。

5/1   メーデーのデモに労組、環境保護団体、黄色いベストなど全国で16万4500人が参加(内務省。労組発表は31万人)。パリでは内務省発表で2.8万人が参加したが、モンパルナス駅近くで暴徒ブラック・ブロックと治安部隊 […]

オーシャン、21拠点売却へ

4/30  小売大手オーシャンは、スーパー13店、ハイパー1店、ネット販売関係施設など21ヵ所の拠点を売却する意向を明らかにした。 同社は2018年度決算で純損失10億€を3月に計上。今年カジノグループがハイパー7店舗を […]

大統領、諸対策を発表

4/25  マクロン大統領は「全国討論」の国民の声に応える政策を発表した。 最低年金(満期分)を月637€から1千€へ引上げ、物価スライド凍結を月2千€未満の年金には来年1月から、それ以外は21年から解除、国民投票実施に […]

警察官と憲兵隊員の自殺者

 今年になってから4月18日までに、警察官と憲兵隊員の自殺者が28人に達し、昨年の68人を上回りそうな状況に、カスタネール内相は、緊急自殺対策部を設けることを発表した。自殺の主な原因は、ストレス、過酷な労働条件、 職業上 […]