Abcd de la cuisine-9

●canapé
 「canapé」は「ソファー」のことだけれど、料理用語では、小さく切り分けた食パンやブリオッシュの薄切りに、さまざまなものをのせたオードブル、カナッペのこと。「caille sur canapé」は、ローストしたウズラ一羽をトーストした食パンにのせた一品。
●canneler
 「canneler」は、レモンやオレンジの皮、ニンジンやマッシュルームの表面に、縦溝を飾り用として入れること。「canneleur」は溝切り用の専用ナイフ。
●caramel
 砂糖に水少々を加え煮つめていくと、150度から170度まで、温度により薄い茶色から濃い茶褐色までの「caramel  カラメル」に変化する。色の薄いカラメルcaramel clairは、型に塗ったり、プリンやクリームの香り付けに。褐色のカラメルcaramel brunはブイヨンやソースの着色剤として貴重だ。動詞は「caraméliser」。「faire caraméliser du sucre 砂糖をカラメルにする」。「caraméliser un moule  型にカラメルを塗る」。「faire caraméliser des carottes」は、ニンジンに砂糖少々を加えてバターで炒め、つやを出すことで、「glacer」と同義です。