Home
April 2019

Month: April 2019

ATB空港売却は無効に?

4/16  パリ行政裁判所は2015年のトゥールーズ=ブラニャック空港(ATB)の国の持株49.99%の中国企業への売却を無効とした。 訴えた同空港民営化反対派は、14年の競争入札の際に中国カジル・ヨーロッパ社とカナダ企業の共同入札だったのが、後にカナダ企業が撤退し契約条項も守ら [...]

Tous à l’Opéra! みんなオペラへ!

5月3日(金)〜5日(日) 全国26のオペラ劇場が門戸を開放する「みんな、オペラへ!」。今年は演出家ロラン・ペリーが芸術監督。衣装や舞台セットの制作アトリエを訪問できる。劇場によっては稽古見学、ダンスの舞台鑑賞、リサイタルなども。 http://tous-a-lopera.fr/ [...]

パリ救急科、看護師らスト

4/14 サン・ルイ病院など4つのパリ公立病院救急科の看護師と介護士が、無期限ストを開始した。3月にストを始めたサンタントワンヌ病院に合流する形で、労働環境の向上、給与増を求めている。 救急科の患者増加に伴う過重労働に加え、患者から暴力を受けるケースもあり、安全対策の強化も要求。 [...]

マーク・コープランド、ピアノソロ。

5月10日(金)  サックス奏者デイヴ・リーブマンとのデュオアルバムやゲーリー・ピーコックとのトリオアルバム『NowThis』で素晴らしいピアノを弾いているのがマーク・コープランド。今回のパリ公演はソロだけに、彼の柔らかでクリアーなタッチ、内省的でセンスのいいハーモニーを心ゆくま [...]
article placeholder

英EU離脱、10月まで延期

4/11 欧州連合(EU)の臨時首脳会議で、加盟国首脳は英国のEU離脱期限を10月31日まで延期することで合意した。ドイツなど多数の国は年末までの延長を主張したが、マクロン仏大統領が強硬に反対し、10月末に落ち着いた。英とEUで合意した離脱案が英議会で3度否決されたことを受けて、 [...]

Fête du Pain

5月13日(月)〜19日(日) パン職人の守護聖人オノレの日(5/16)にちなんで全国でパン祭。4月には、2019年度のパリ最優秀バゲットが決まったが、この祭では13-14-15日でフランス最優秀バゲットが選ばれる。フランス無形文化財に指定されたバゲットの、次なる目標は、ユネスコ [...]

ノートルダム大聖堂が炎上するなんて信じられない!

 復活祭6日前の4月15日夕方6時半、ラジオが「ノートルダム大聖堂から炎が立ち上っている」という速報。テレビにかじりつき、ますます勢いを増し夕闇を燃やし続けるノートルダムを、付近で見守る観光客とともに言葉を失い呆然とし 、ある者は涙を浮かべ、数時間、死に向かうノートルダムを見守る [...]

『カメラを止めるな!』日本の社会と映画界の〈現象〉。

『カメラを止めるな!』  4月24日にフランスでもついに一般公開されることになった『カメラを止めるな!』は昨年の日本映画界を席巻し、一つの社会現象となった。製作費3百万円という超低予算映画が最終的に31億2千万円の興行収入をはじき出すという大快挙を成し遂げたのである。筆者も [...]

よむたび。〈18〉ヨーロッパ〜アフリカ〜カリブ海

『 犬が尾から吠える場所(仮題) 』 Là où les chiens aboient par la queue エステル=サラ・ビュル著 / Editions Liana Levi刊 家族のルーツを求めて  1960年代初頭。フランス政府は深刻な経済的危機に陥った海外県の状況に [...]

CD : Zelenka “Missa Sancti Josephi”

 ヤン・ディスマス・ゼレンカはボヘミア出身の、バッハと同時代の作曲家。ドレスデンのアウグスト選帝侯の宮中で活躍し、多くのミサ曲で知られる。 バッハの北プロテスタント的な静ひつな宗教曲とは打って変わり、イタリア的といってもいい、知らずにリズムをとりたくなるような明るさに満ちている。 [...]
 

パスワードをお忘れの場合、OVNINAVI.COMに登録したE-mailアドレスにパスワードをお送りします。登録E-mailアドレスを入力してください。


戻る