Home
September 2018

Month: September 2018

ベラナ氏、上院に召喚

9/19  マクロン大統領の元ボディーガードで、メーデーのデモの際に一般人に暴力を振るった事件で捜査対象となっているアレクサンドル・ベラナ氏が、上院の同事件調査委員会に召喚され、証言した。同氏は大統領府での任務は「大統領の移動に関する調整役であり、ボディーガードではなかった」と発 [...]

ラクタリス製品、販売再開

9/18  ラクタリス社製乳児用粉ミルクのサルモネラ菌汚染問題で原因とされたマイエンヌ県の同社工場製造の粉ミルクの販売が許可された。 同社は1千万ユーロを投じて同工場の乾燥設備を刷新し、農業省が衛生検査を実施し、安全と判断した。この粉ミルクは以前のMilumel、Picotなどで [...]

トルビアック校が再開

9/17  3〜4月の学生による占拠のために閉鎖されていたパリ第1大学トルビアック校が改修工事を終えて再開された。  当時、大学側は落書きや設備破損などの損害額が数十万ユーロとしていたが、その修復に加え、老朽化のための改修工事、講堂の鋼強化扉や外フェンスへの忍び返しなど安全設備工 [...]

使捨てプラスチック容器禁止可決

9/15  国民議会は農業・食品関連法案に含まれる、プラスチック製の使い捨て容器・カトラリーを2020年までに禁止する条項を可決した。  与党議員14人が提出した修正案で、トラヴェ農相は反対していた。さらに幼稚園から大学までの食堂でプラスチック製の過熱容器・食器も2025年までに [...]

数学者の死、国の責任認容

9/13  マクロン大統領はアルジェリア戦争中に行方不明となった数学者モーリス・オーダン氏(当時25)が国の法で許された拷問で死亡したとして、国の責任を認めた。大統領は未亡人ジョゼットさん(87)宅を訪ね「赦し」を請うた。共産党員でアルジェリア独立派だった同氏は1957年6月に仏 [...]

Livres de Robuchon
ロビュションの、この一冊。

8月に亡くなったジョエル・ロビュションは、テレビで料理番組なども担当して知名度も高く、多数の料理本を書いているが、この一冊というなら『Tout Robuchon』。写真もイラストもないので最初はとまどう人も多いだろうが、フランス料理のほとんどの食材をとり上げ、ベーシックなものから [...]

Zao Wou-Ki 《空間は沈黙》

2019年1月6日(日)まで 北京で生まれ、フランスに帰化した画家、ザオ・ウーキー(1920–2013)の大回顧展。水墨画を抽象にしたような風景画が並ぶ。月休。 [...]
 

パスワードをお忘れの場合、OVNINAVI.COMに登録したE-mailアドレスにパスワードをお送りします。登録E-mailアドレスを入力してください。


戻る