Monthly Archive:: 7月 2018

「ベナラ事件」大統領ボディーガード暴力事件から内閣不信任案へ

   マクロン大統領の側近が治安当局の一員を装い、今年のメーデーのデモに参加した市民に暴行していたことが、7月18日、発覚した。ル・モンド紙がサイトに、市民が撮影したビデオを掲載した。大統領府や内相は直後に事件 […]

ベナラ・スキャンダル

 マクロン大統領のボディガード、アレクサンドル・ベナラ氏が5月1日、5区の コントルスカルプ広場でデモ(283人を職務質問し、うち109人を警察署に連行)に参加した男女カップル(29、30歳)を押さえつけている映像が公開 […]

何度でも通いたい、 港町ラ・ロシェル。

 大西洋沿岸の港町ラ・ロシェルは、パリから南西へ467キロ、列車で3時間弱。水辺が恋しくなれば、週末でもすぐに出かけられる距離にある。  港にはヨットが肩を寄せ合い、カモメが優雅に旋回する。沖合にはセレブの避暑地として知 […]

野菜や果物を使った表現 111

〈Je suis dans les chouxキャベツ〉「窮地にある」、〈Bande de cornichons! ピクルス!〉「バカな奴ら!」、〈Je n’ai plus un radisラディッシュ〉「び […]

OVNI 857

OVNI 857 : 01/08/2018

FUKAMI 深みへ − 日本の美意識を求めて

   パリを中心に、2018年7月から8カ月間続く「ジャポニスム2018」の、一連のイベントが始まった。オープニングを飾るのはサロモン・ド・ロチルド館の「深みへ − 日本の美意識を求めて」展。2017年10月―2018年 […]

Service National Universel
国民奉仕、憲法記載へ

7/19  国民議会は、マクロン大統領が公約した「普遍国民奉仕(SNU)」の憲法記載を可決した。SNUの詳細は秋以降に全国の若者の意見をまとめた後に法律で規定される。 6月末に政府が明らかにした方針によると、SNUは3段 […]

テロに国の落ち度なし

7/18  パリ行政裁判所は、2015年のパリ同時テロ事件で、テロリスト監視やバタクランの警備について国の落ち度は認められないと判断した。 これはテロの犠牲者やその遺族30人ほどが起こした裁判で、イスラム過激派メンバーの […]

EU、グーグルに巨額制裁金

7/18  欧州委員会は、スマートフォンの基本ソフト「アンドロイド」に関し、グーグルがEU競争法に違反したとして43憶4千万ユーロの制裁金を科すと発表した。 アンドロイドは世界のスマホの8割に使用されている。EU委による […]

EPA – EUと日本が経済連携協定

7/17  安倍首相とユンカーEU委員長、トゥスク欧州理事会議長は経済連携協定(EPA)に調印した。EU諸国産のチーズ、ワイン、食肉などの農産品の輸入関税が段階的に引き下げられ、将来的には年10億ユーロの関税カットに。そ […]

Grappa

 イタリア人カップルの家に夕食に招かれ、食後のコーヒーどき。フランチェスコ君が、エスプレッソの脇に小グラスを置いた。あっ、この匂い。「グラッパ!」。ブルゴーニュなどのマール酒同様にブドウの種や皮などの搾りかすから作られる […]

Faire un tabac(大成功をおさめる)110

1560年カトリーヌ・メディシス時代にリスボンの仏大使ジャン・ニコがフランスに持ち帰った薬草が〈l’herbe à Nicot〉(ニコ・ハーブ)と呼ばれ、「ニコチン」という名称が生まれた。19世紀初頭から〈tabacタバ […]