Monthly Archive:: 11月 2017

社会党青年元部長セクハラ

11/14 社会党(PS)青年部の元部長(2010〜13年)ティエリー・マルシャル=ベック氏から性的暴力やセクハラを受けたという女性8人の告発をリベラシオン紙が報じた。2010~14年の行為であるため、ほとんどは時効で、 […]

国営放送が再編へ?

11/13 ル・モンド紙は国営放送再編のための文化省草案を暴露した。主な内容は、フランス・テレビジョン(FT)、ラジオ・フランスほか国営の放送関係会社を持株会社の下に統合、海外領土専門局フランスÔの廃止、子供向けF4をイ […]

Il est bien/mal dans sa peau(彼は溌剌とし自分に満足 / 意気消沈している)85

〈peau皮膚〉は体や生命を意味し、〈Avoir la peau de quelqu’un〉は「〜を殺す、やっつける」、〈Se mettre dans la peau de quelqu’un 〉 […]

子ども向けフランス語ハイク教室。

フランス人講師によるハイク教室開催  世界の子どもたちの秀れた俳句作品を讃える「世界こどもハイクコンテスト」(JAL財団主催)。第15回の今年のお題は、「いきもの」。日本語の作品応募は締め切られてしまったが、フランス語な […]

Salon du livre de jeunesse
モントルイユの児童書見本市

11月29日(水)〜12月4日(月) 毎年モントルイユ市で開催される児童書見本市。水木金無料。土日月5€、 18歳未満無料。9h-18h。12/1(金)は21h30まで。12/2(土)は20hまで。12/3(日)は19h […]

「温かみある、手の込んだ伝統料理」 の復権をめざして。

Chez Michel – Masaさん (41歳)  Masaさんが、先代のシェフ、ティエリー・ブルトンさんから「シェ・ミシェル」の看板を継いでから1年半。この季節、ジビエを食べに来る長年の常連客を満足させ […]

Salon des Vignerons Indépendants
独立ワイナリーフェア

11月30日(木)〜12月4日(月) ブドウ栽培、醸造、販売までを行うワイン生産者が集まるフェア。入場6€。 11月15日号のオヴニー紙面に、2名様の招待券あり。切り取って、またはそのままお持ちになって、入り口でお見せく […]

eels – 品数は多くないが満足度の高い料理ばかり。

 イールスとは英語でウナギのこと。開店の知らせと同時に、店名と料理の写真を見た時から気になっていたのだが、願いが叶ってようやく来訪。メニューはいたってシンプル。前菜、メインそれぞれ4品、デザート3品が月替わりで季節の素材 […]

フランスの警官・憲兵の自殺症候群

11月12 日、フーリガンの警備にあたるブトネ隊長が憲兵隊本部で銃で自殺した。それまでの1週間内に、郊外アルフォールヴィルの警察署長(45)がヴァンセンヌの森で首吊り自殺、女性警官(32)が拘置所内で首吊り自殺、もう1人 […]

粗くきざんだクルミをたっぷり入れて、ケーキを焼いてみた。

Délice aux noix ロンドンからやって来る友人はグルテンフリーだという。というわけで、今晩のデザートは、グルテンを含んでいないコーンスターチを使って、クルミのケーキを焼くことにした。以前にクルミのケーキを紹介 […]

日本のアール・ ブリュットを紹介。

  パトリック・ギゲールさん  かつてビスケットメーカーLuの製造工場があり、町中を甘いバターの芳香が漂っていたという西部の町ナント。89年から、当時のジャン=マルク・エロー市長の指揮のもと、歴史ある港湾都市は文化都市へ […]

“Mammifères” Miossec
港町ブレストの男の歌声

 ミオセックは、1964年、フランス最西端フィニステール県の港町ブレストに生まれた。95年に出たファーストアルバム『Boire』で、ドミニック・Aと並んで 「シャンソンのヌーヴェル・ヴァーグ」と騒がれてから20年がたった […]