Monthly Archive:: 10月 2009

13区再開発地区ビル街にオアシスが誕生。

 メトロ14号線のフランソワ・ミッテラン図書館駅から南東に歩いて数分のマセナ再開発地区はまだ工事中のところもあり、行くたびに違う表情を見せてくれる。2年半前の開校時には閑散としていたパリ第7大学ドニ=ディドロ校舎は今や学 […]

ヒッチコックが最も敬愛する作家ジョン・バカンが原作

●Les 39 marches 外交官ハネイは、退屈しのぎに入った劇場で出会った美女を家に泊めるが、秘密諜報員だとハネイに語った美女は、翌朝何者かによって殺されてしまう。殺人犯として追われる身となったハネイはスコットラン […]

新しい文明、フォークの誕生。

 使い回しの共有スプーン、各自携帯のナイフに遅れを取ってルネサンス期に現れたフォーク。イタリアから嫁入りのカトリーヌ・ド・メディシスが2つ又のフォークを持参した。当時流行の巨大な襟を汚さずに済むとアンリ3世が推奨しても、 […]

Milk Shake — ウズラの一品はもうないけれど、寒さ到来、担々麺!

 指までなめたくなる、ウズラのバジリコ風味が食べたくなり、598号で紹介した店に出かけた。ところが店内の雰囲気が変わり、パトロンが替わってしまったようだ。気を取り直しメニューを開ければ、野菜料理が数多く、心躍る。私は、こ […]

PSGの選手数人がA型インフルエンザに

 10月25日、フランスのサッカー1次リーグの看板試合の一つ、マルセイユ(OM)対パリ・サンジェルマン(PSG)戦がマルセイユ市のヴェロドロム競技場で行われる予定だった。ところがPSGの選手数人がA型インフルエンザにかか […]

プルーストの味を求めて –2

 プルーストは朝の新鮮なミルクにこだわっていたが、それはその味へのこだわりに加えて、もうひとつ理由があったように思う。『失われた時を求めて』第二篇『花咲く乙女たちのかげに』で、語り手はバカンスのためパリを離れて列車でノル […]

Jean Sarkozy– 親の七光りと批判を浴びた。

 サルコジ大統領の息子、ジャン・サルコジ(23)は10月22日のテレビでのインタビューで、「数日来、カリカチュアと過度の非難があったが、真実の部分もあった。周りの声に耳を傾け、じっくりと考えた」と前置きしてから、ラ・デフ […]

料理好きなら知っておきたい食品店

★★★Ets Lion 地下鉄アベス駅をでてすぐ正面にある、昔ながらの店構えの食品店。フランスを代表するシェフ、オリヴィエ・ロランジェのスパイスや、ジェラール・パセダのハーブティが手に入るなど、料理好きなら知っておきたい […]

カリフラワーのグラタン、ショウガ風味。 Gratin de chou-fleur au gingembre

 カリフラワーは臭いといって、フランス人の中には毛嫌いする人もいるので、友人を招待した食事の時には、避けることが多い。わが家はみんなカリフラワー好き。ジャガイモのかわりにカリフラワーを入れるタルティフレット(574号)、 […]

エリック・ベッソン移民担当相のことば

「フランスは、世界で政治亡命を求めにくる人が一番多い国だ。そしてそれを認める割合も一番高い」 10月21日、エリック・ベッソン移民担当相は、アフガン難民3人を強制送還したことに関し、上記のように弁明した。実情はというと、 […]

2週間のニュース

●トゥーロン卒業証書事件で学長ら停職処分 トゥーロン大学で金銭と引き換えに入学資格や卒業証書を中国人留学生に譲渡した疑いが持たれている事件で、ペクレス高等教育相は10月19日、ラルシ・ウエスラティ学長と2人の副学長を6カ […]

11月上旬のイベント、のみの市情報

●Hauts les Mursベルリンの壁崩壊20周年を記念し、バスチーユ・アーティスト協会が50人の合同イベント展開催。「壁」をテーマにした絵画・彫刻・インスタレーション・ビデオアート・写真・グラフィティ・パフォーマン […]